対談=吉川浩満×綿野恵太 ダーウィニアン・レフト再考 連続トークイベント〈今なぜ批評なのか〉第一回載録|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2019年3月29日 / 新聞掲載日:2019年3月29日(第3283号)

対談=吉川浩満×綿野恵太
ダーウィニアン・レフト再考
連続トークイベント〈今なぜ批評なのか〉第一回載録

このエントリーをはてなブックマークに追加
第7回
自然主義的誤謬

綿野 恵太氏
綿野  
 ダモアみたいな主張に対しては「自然主義的誤謬」がしばしば持ち出されますよね。
吉川  
 「自然主義的誤謬」って、ヒュームのものとムーアのものがあって、読めば読むほどわからなくなるので、最近はあまり使わないようにしています。でも、私は昔からこんなふうに考えています。現実にある状態と目指すべき状態とをごっちゃにするのではなくて、つまり「である」と「すべし」をごっちゃにするのではなくて、そこはいったん分けて考えましょうということです。もちろん「である」の話は重要ですが、それだけで話が済むわけではありません。人間はしばしば「すべし」の話をする必要があって、その場合には「である」は「すべし」の実現(不)可能性を見積もるためのリソースになります。
綿野  
 ダーウィニアン・ライトは生物学的な事実を社会制度にそのまま反映させるべきだ、という。たいして、ダーウィニアン・レフトは生物学的な事実と社会制度のあいだでコストとベネフィットを計算しなければならない。
吉川  
 この点、レフトとライトの関係は非対称的で、レフトはかなり分が悪い戦いを強いられると思います。ライトはファクトやエビデンスを提出するだけでもある程度のショックをリベラルな価値観に与えることができますが、レフトはそこから一歩進んで、リベラルな理念を現実化するための制度設計を考えなければならない。少なくともシンガーの言うダーウィニアン・レフトはそうです。ライトやラディカルなレフトと比べて目立ちにくいんですよね
綿野  
 あらゆる計算のうえで制度をつくるということですからね。
吉川  
 たとえば人間本性をもとにして、人びとが敵対するのではなく協力しやすい制度を作ろうとか、そういうふうになっていくと、認知科学や行動経済学や進化心理学の知見を総動員して、コストとベネフィットについて綿密に計算しながら、社会制度がどうあるべきかを考える必要がある。ひょっとしたら、シンガーの提唱するようなダーウィニアン・レフトがもっとも能力を発揮できるのは、政策立案を行う官僚とかNPOの社会起業家としてなんじゃないかと思ったりします。だから、いわゆる左翼には人気がない。
綿野  
 まさに革新官僚ですね(笑)。ダーウィニアン・レフトの能力が発揮できるのは官僚やNPOあるというお話ですが、そうすると、「統治功利主義」(安藤馨)と親和的な存在であるように思います。中国経済学者の梶谷懐さんが『ニューズウィーク』の連載(中国の「監視社会化」を考える)で、興味深い話をしていますね。日本でも知られるようになりましたが、「芝麻信用」という信用スコアがあります。決済や支払いの履歴などから点数をつけると言われていますが、詳しい査定方法はわかりません。信用スコアが高いほど、低利で借金できるなど便利なこともあるが、日々の行動が監視されるわけです。梶谷さんはこの中国の監視社会化を功利主義の観点から分析しています。中国は「統治功利主義」が部分的に実現された社会であるといってもいい。
1 2 3 4 5 6 8
この記事の中でご紹介した本
人間の解剖はサルの解剖のための鍵である/河出書房新社
人間の解剖はサルの解剖のための鍵である
著 者:吉川 浩満
出版社:河出書房新社
以下のオンライン書店でご購入できます
「人間の解剖はサルの解剖のための鍵である」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
綿野 恵太 氏の関連記事
吉川 浩満 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
学問・人文 > 社会学関連記事
社会学の関連記事をもっと見る >