対談=立岩真也×天田城介 病・障害から社会を描く 『不如意の身体』『病者障害者の戦後』(青土社)刊行を機に|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2019年4月12日 / 新聞掲載日:2019年4月12日(第3285号)

対談=立岩真也×天田城介
病・障害から社会を描く
『不如意の身体』『病者障害者の戦後』(青土社)刊行を機に

このエントリーをはてなブックマークに追加
第3回
書いたから苦しみ、痛みが減るわけではない。

天田 城介氏
天田 
 もう一つ伺いたいのは、『私的所有論』で立岩さんは、この社会はいかに構成されているのかという話を、ある意味やり終えているように思うんです。今回の療養所の戦後史において詳細に繙かれた歴史記述と、『私的所有論』の「そもそも論」との論理的接続も、気になるところです。
立岩 
 『私的所有論』で僕が書いたのは、人間の能力/非能力に関する、社会の仕組みや、それを正当化するロジックについてです。そして『不如意の身体』の最初に「五つある」と書き、できる/できないについて書いた。その点で言えば、『私的所有論』と『不如意の身体』とは繋がっていて、たぶん『私的所有論』のときには、既に同じことを考えていたのだと思います。
『私的所有論』で書いたことの方が、ここで書いた話より大きいということはなくて、むしろ逆なんでしょう。

僕は、赤い本で、人間の身体にはできる/できないというオーダーだけでなく、見栄えの差異や、精神的・肉体的苦痛、死に近接している恐怖などがあると書き、それらについてはたいして書けません、と書きました。つまり僕がこれまでしてきた理論的な仕事は、人間のごく一部分について書いたに過ぎないということです。僕がなぜ、五つのうちの、できる/できないについて書いたかというと、論理的にわりと語りやすく、現実的な解決法を見出し得る、そういうものだったからです。できる/できないの話は、自分ができなくても、他人ができれば何とかなるということに、尽きると思うんです。
天田 
 シンプルですよね。
立岩 
 現実には難しいにしてもね。他方、自分の姿形を人と入れ替えることはできないし、それをめぐる好悪について書くことは難しいし、書いたとしてどうなるものではない。あるいは、苦しさについて、苦しいという以上のことを何か書けるか、そして書いたから苦しみが減るわけでもない。だからそれらは、書かずに置いてきたところがある。

つまり僕は、そして障害学の主流もそうだと思いますが、社会的に変更可能なものについて、書いてきたのだと思うんですよね。ただ、痛みや苦痛や死そのものを論理的に分析することは難しくても、人間がそれを纏っていることは事実で、それがあるということは、言っておくべきなのではないか。
天田 
 能力/非能力の話は、語られてみれば、非常にシンプルな話です。できる/できないには、そもそも差異がある。そして、ある人や身体から、別の人やその身体へ交換・移動させることはできない。だけどできないことは誰かほかの人間がやればいいし、機械が補ってもいい。ところが、できないことは社会的な不利益だと捉えられ、できるようになるべきだとされてきた。リハビリは、痛みを伴うものであるのに、例えば脳性まひの人に対し、ときには無駄なリハビリが行われてきたのだと。

その他の、姿形の違い、苦痛、死、加害性についても、そのものについては言えないにしても、社会の中に「不如意の身体」というものが、五つの契機を纏って、現にそこにあってしまう、そのことが示されている。その把握が、単純だけど重要なのだと思うんです。痛いものは痛いとしか言いようがないし、苦しみはいくら語っても苦しみだし、死を除くことはできない。でも痛いこと、死の恐怖、人と異なることの苦しみ、あるいは加害性と、「社会」との接触面についてなら書ける。立岩さんの書くのは、障害や病と我々の「社会」がどう関わってきたか/いるかという話です。

これは医療社会学や生命倫理、医療人類学などの分野で、身体そのものを題材に、痛みや苦しみ、死について記述するのとは根本的に違う。我々が受け取るべき言説だと思います。ただ、各種業界にすんなり受け入れられるかと言えば、むしろその人たちにはハードルが高いかもしれません。
1 2 4 5 6 7
この記事の中でご紹介した本
不如意の身体 -病障害とある社会-/青土社
不如意の身体 -病障害とある社会-
著 者:立岩 真也
出版社:青土社
以下のオンライン書店でご購入できます
病者障害者の戦後 -生政治史点描-/青土社
病者障害者の戦後 -生政治史点描-
著 者:立岩 真也
出版社:青土社
以下のオンライン書店でご購入できます
「病者障害者の戦後 -生政治史点描-」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
天田 城介 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
学問・人文 > 社会学関連記事
社会学の関連記事をもっと見る >