ビッグ・クエスチョン 〈人類の難問〉に答えよう 書評|スティーヴン・ホーキング (NHK出版)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 書評
  3. 読書人紙面掲載 書評
  4. 文学
  5. 外国文学
  6. 英文学
  7. ビッグ・クエスチョン 〈人類の難問〉に答えようの書評
読書人紙面掲載 書評
更新日:2019年4月20日 / 新聞掲載日:2019年4月19日(第3286号)

ビッグ・クエスチョン 〈人類の難問〉に答えよう 書評
世界について私たちは何を知りつつあるのか?
天才理論物理学者の遺作

ビッグ・クエスチョン 〈人類の難問〉に答えよう
著 者:スティーヴン・ホーキング
出版社:NHK出版
このエントリーをはてなブックマークに追加
 2018年3月14日に亡くなったホーキング博士の遺作である。博士は、著書『ホーキング、宇宙を語る』『ホーキング、最後に語る』や映画『博士と彼女のセオリー』で一般の方にもよく知られている理論物理学者である。アインシュタインに非常に好意的であり、本書では様々な場面でアインシュタインの名前が登場する。ちなみに、この3月14日は、アインシュタインの誕生日でもある。

本書を手にした時、付いていた帯の「タイムトラベル、宇宙移住、AI vs. 人間」というキーワードには、正直驚かされた。1つ目は、博士の専門分野と直接関連している。ただ、博士自身も書いているが、研究助成金を得るためには「申請書には、タイムトラベルと書く代わりに、「閉じた時間的曲線」といった隠語を使わなければならない」というようなものである。2つ目と3つ目については、博士がこれらの話題について講演を行ったというニュースは耳にしたことがある。しかし、博士の研究とどのような関係があるのだろうか?

原題である「BRIEF ANSWERS TO THE BIG QUESTIONS」を導くための基礎となっているものは、博士の専門領域である宇宙やブラックホール等を数式で記述する世界「理論物理学」である。ただその数式が、科学技術が複雑に入り組んだ現代社会で科学を知ることを阻害してしまっている。博士は「ひとりの科学者として、世界について私たちは何を知りつつあるのかを、世の人びとに伝える義務」を果たすために、数式を使わずに分かりやすく説明することを試みている。例えば、「南極の南にある場所に行くためにはどうすればいいか」という問いを考えるだけで、時間・空間と宇宙の関係を容易に理解することができるのである。

本書では、「基本粒子の集まりにすぎない私たち人間」、「人間が作った法則とは異なり、自然法則は破ることができない」など、極めて(化学的な意味ではなく日常生活における)無機質な言い回しが登場する。ただ、この物事の捉え方に馴染むと、様々なモノの見え方が変わってくる。一方で「宇宙がそこにあるからだ」というような答えも出てくる。宇宙移住という話題から、私たちや次世代の科学分野への好奇心のあり方、持続可能な発展の目標達成に話は広がっていく。

無機質な話に戻ろう! キーワードは「情報」である。生物はDNAによって情報を次の世代へ伝えている。また、DNAが変化することによって進化している。人間は、DNAだけでなく「書き言葉」によって情報を後世に伝えることができる。新たな情報の増加量は、DNAの場合とは桁違いである。「私たちは新しい進化の段階に入った」が、我々はほんの一部しか情報を習得できない。次はAIである。AIは我々の脳を模倣している。今は人間が作って、囲碁AIがどんどん進化していることを知っている。やがて人間の知能をAIが超えて、自らより良いAIを作る時代がくるかもしれない。このようなテクノロジーの時代において、私たちと次世代が科学を学ぶ意思が重要だと博士は締めくくる。

最後に、小言を少々。本書は博士のパーソナル・アーカイブにある講演やエッセイ等をまとめたものであり、博士が亡くなった時には未完成であった。様々な人の手によって完成したために、全体の流れが少し悪い。10のビッグ・クエスチョンについて順番に読んでいくことで博士の思考を追いかけることができるが、一気に読み切らずに1章ずつ何度かに分けて読むことをおすすめしたい。
この記事の中でご紹介した本
ビッグ・クエスチョン 〈人類の難問〉に答えよう/NHK出版
ビッグ・クエスチョン 〈人類の難問〉に答えよう
著 者:スティーヴン・ホーキング
出版社:NHK出版
以下のオンライン書店でご購入できます
「ビッグ・クエスチョン 〈人類の難問〉に答えよう」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
中野 寛之 氏の関連記事
読書人紙面掲載 書評のその他の記事
読書人紙面掲載 書評をもっと見る >
文学 > 外国文学 > 英文学関連記事
英文学の関連記事をもっと見る >