十|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

漢字点心
更新日:2019年4月30日 / 新聞掲載日:2019年5月3日(第3287号)

このエントリーをはてなブックマークに追加
真ん中が少しふくらんだ針の絵から生まれた漢字だ、とする説が有力。数の「10」を表すようになったのは、当て字的に転用されたもの。その証拠に、「針」には「十」が含まれている、というわけだ。

一方、古代の中国では、縦線一本で「10」を表したのだ、とする説もある。横線一本は「1」を表し、そこから「一」「二」「三」が生まれる。同様に、縦線の数が増えた「廿(20)」「卅(30)」という漢字もある。

以上とは別に、「十」は「ひとまとめにする」ことを表す記号だ、と考える学者もいる。たしかに、「協力」の「協」は「力をひとまとめにする」ことだし、「博物館」の「博」は、「ものをひとまとめに集める」ことだ。

このように、漢字の成り立ちや本来の意味には、いくつかの説があって、それぞれ、それなりの説得力があることが多い。これから始まる「十」連休、出かける予定のない方は、漢和辞典の読み比べでもしてみてはいかがだろうか?(えんまんじ・じろう=編集者・ライター)
このエントリーをはてなブックマークに追加
円満字 二郎 氏の関連記事
ok
2019年8月19日
ok
2019年8月12日
ok
2019年8月6日
ok
2019年7月30日
ok
2019年7月23日
ok
2019年7月9日
2019年7月2日
ok
2019年6月25日
漢字点心のその他の記事
漢字点心
漢字点心をもっと見る >
学問・人文 > 言語学関連記事
漢字点心
言語学の関連記事をもっと見る >