伶|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

漢字点心
更新日:2019年5月14日 / 新聞掲載日:2019年5月10日(第3288号)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「レイ」と音読みして、古代中国で、宮廷に使えた音楽家や俳優を指す漢字。「伶人」「伶官」といった熟語がある。洗練された歌声や身のこなしが必要とされる職業であって、そのイメージは「鈴」の清らかな音色と通じるところがある。

また、「忄(りっしんべん)」の「怜」は、頭の回転が速いという意味。同じ意味を表す「怜悧(れいり)」という熟語がある。その鋭くてスマートなイメージは、「冷静」の「冷」と似通っている。

このように、「令」を含む漢字には、けがれがなく洗練されて、シャープな意味合いを持つものが多い。とんぼを表す「蜻蛉(せいれい)」の「蛉」や、鳥の「鶺鴒(せきれい)」の「鴒」なども、そこに含めてよいだろう。

政府は、「令和」の「令」を、beautifulという意味だと説明している。それはそれでよいのだが、漢字的に考えると、その美しさはクールビューティであって、ハートウォーミングな美しさではないのである。(えんまんじ・じろう=編集者・ライター)
このエントリーをはてなブックマークに追加
円満字 二郎 氏の関連記事
ok
2019年4月30日
ok
2019年4月23日
ok
2019年4月16日
ok
2019年4月9日
ok
2019年4月2日
ok
2019年3月26日
2019年3月19日
ok
2019年3月12日
漢字点心のその他の記事
漢字点心をもっと見る >
学問・人文 > 言語学関連記事
言語学の関連記事をもっと見る >