対談=井上達夫×渡辺靖 リバタリアニズムから時代を考える 『リバタリアニズム』(中央公論新社)刊行を機に|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2019年5月10日 / 新聞掲載日:2019年5月10日(第3288号)

対談=井上達夫×渡辺靖
リバタリアニズムから時代を考える
『リバタリアニズム』(中央公論新社)刊行を機に

このエントリーをはてなブックマークに追加
第6回
日本の、市場経済の歪みと社会的保守主義の問題

井上 
 それにもかかわらず、日本が「大きな政府」だといわれるのは、正規の社会保障の充実ではなく、公共事業に厖大な予算が使われてきたからです。「三割自治」で税収は、国税が七割、地方税が三割といわれましたが、支出でいえば地方で七割使われます。要するに豊かな大都市から国がとった税金を、交付税や補助金の形で、経済力の弱い地方にばら撒いていた。不要不急の公共事業の多くは、地方で生まれています。地元業者が談合で入札し、自分たちの技術力では無理な仕事を大手ゼネコンに「上請」させてリベートをとる。建築関係の雇用維持に資するだけで、地方経済への実質的波及効果は乏しい。雇用維持という意味で、インフォーマルなセーフティネットですが、中央政界から利益誘導できる政治力を持った特定の利益集団だけが保護される点で、きわめて不公正です。

また企業の福利厚生費を経費計上できる措置や、雇用調整助成金などの仕組みもあります。これは本来は政府が担うべき社会保障を、民間企業に肩代わりさせるシステムです。このシステムの保護を享受できるのは、いわゆる基幹労働力、つまり中大企業の正社員だけで、派遣など非正社員から成る縁辺労働力には及ばない。それどころか、基幹労働力の保護のコストを埋め合わせるために、縁辺労働力の待遇が劣悪化される。公共事業と同様、不公正な、歪んだセイフティネットです。

大店法も小商店主を保護しただけでなく、先に進出した大型店を他の大型店との競争から保護する機能を持ち、最終的にしわ寄せがくるのは、彼らの独占利益を価格転嫁された高額商品を買わされる消費者、とりわけ、地元小商店よりもっと貧しい母子家庭や、年金暮らしの人びとだということです。
渡辺 
 最悪ですね。俗っぽいいい方すると、それはいわゆるゲマインシャフト的、村社会的な取り決めで、ゲゼルシャフト的、法的な契約に基づくものではない。
井上 
 そうです。法的な契約原理だけでなく、競争原理を強制することもしてこなかった。

私は、公正な市場競争は必要だと思っています。しかし公正な競争市場を作るということは、不公正だけれどそれなりに存在した、インフォーマルなセーフティネットを解消することでもある。それに換えて、正規の社会保障による、無差別公平で普遍主義的なセーフティネットに張り換えていかねばなりません。ところが日本でリバタリアンもどきの主張をする人びとは、日本は福祉国家が肥大し過ぎたから縮小しろなどと、間違った事実認識に基づく逆の主張をしている。

公正な市場競争を活性化させることと、公正で普遍主義的なセーフティネットを正規の社会保障システムとして構築することは、同時課題です。それを同時にやらないと、ひどいことになります。ところが市場化だけが喧伝され、セイフティを公正なものに張り換えるための社会保障制度の再構築は棚上げされている。

市場と福祉国家を、二項対立的に捉えるのが根本的に間違いで、無差別公平な普遍主義的セーフティネットがあってこそ、市場競争も活性化します。

福祉国家を批判する人たちは、いわゆる保険のモラル・ハザードの議論を利用して福祉国家的保護は怠慢を招くと主張します。確かに過度の保護は、安逸を貪らせる道徳的リスクがあるかもしれないけれど、他方で、敗者がまったく保護されず失敗のコストが高すぎると、逆のモラル・ハザードもあることが忘れられている。セーフティネットとはそもそも、サーカスの綱渡りや空中ブランコの下に張られた網のことです。落ちたら死ぬという状況では、大技に挑めない。それと同じで、事業に失敗したら一家心中するしかない、被用者は路頭に迷うしかないという社会で、大胆な冒険的起業実践はできません。市場的競争の敗者にもセーフティネットがあって初めて、活発な起業実践が可能になるのです。
1 2 3 4 5 7 8 9
この記事の中でご紹介した本
リバタリアニズム アメリカを揺るがす自由至上主義 /中央公論新社
リバタリアニズム アメリカを揺るがす自由至上主義
著 者:渡辺 靖
出版社:中央公論新社
以下のオンライン書店でご購入できます
「リバタリアニズム アメリカを揺るがす自由至上主義 」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
井上 達夫 氏の関連記事
渡辺 靖 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
学問・人文 > 社会学関連記事
社会学の関連記事をもっと見る >