堀川惠子ロングインタビュー 日本の政党政治を築いた男 『狼の義 新 犬養木堂伝』(KADOKAWA)刊行を機に|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2019年5月17日 / 新聞掲載日:2019年5月17日(第3289号)

堀川惠子ロングインタビュー
日本の政党政治を築いた男
『狼の義 新 犬養木堂伝』(KADOKAWA)刊行を機に

このエントリーをはてなブックマークに追加
狼の義 新 犬養木堂伝()KADOKAWA
狼の義 新 犬養木堂伝

KADOKAWA
  • オンライン書店で買う
五月十五日が今年もきたが、八十七年前のこの日、凶弾に倒れた犬養毅を、頭に浮かべた人はどれだけいるだろう。日本に政党政治の基盤を作るため政界を駆け回り、戦の足音が高まる中で一人、命がけで軍部に対峙した犬養。五・一五事件を境に、日本の政党政治は崩壊し、この国が焦土と果てるまで蘇らなかった。『狼の義 新 犬養木堂伝』(KADOKAWA)の刊行をきっかけに、著者の堀川惠子氏にお話を伺った。本書は、NHKエグゼクティブ・プロデューサーとしてNHKスペシャルや大型企画を担当した林新氏(一九五七~二〇一七年)が着手し、堀川氏が引き継いで書き上げたものである。(編集部)
第1回
2 3 4 5 6
この記事の中でご紹介した本
狼の義 新 犬養木堂伝/KADOKAWA
狼の義 新 犬養木堂伝
出版社:KADOKAWA
以下のオンライン書店でご購入できます
「狼の義 新 犬養木堂伝」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
堀川 惠子 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
文学 > 日本文学関連記事
日本文学の関連記事をもっと見る >