手がかりになる最初の一冊|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

編集室から
更新日:2019年5月28日 / 新聞掲載日:2019年5月24日(第3290号)

手がかりになる最初の一冊

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の「代替わり=皇位継承」を目の当たりにして、多くの人が歴史のダイナミズムを感じたのではないだろうか。
記事では触れられなかったが、本書では各論考の後ろに、文献一覧とともに「▼もっと知りたい人のための参考文献」が執筆者のコメント入りで掲載されている。
各領域の専門家によるミニ書評の趣きもあり、この部分も実は楽しんで読んだ。
書店の店頭には膨大な数の天皇関連書籍が並べられているが、その中から何を選べばいいか迷っている人にも、手がかりになる最初の一冊として手に取っていただきたい。(T)
このエントリーをはてなブックマークに追加
編集室からのその他の記事
編集室からをもっと見る >
社会・政治 > 日本の政治 > 天皇関連記事
天皇の関連記事をもっと見る >