酒|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

漢字点心
更新日:2019年6月11日 / 新聞掲載日:2019年6月7日(第3292号)

このエントリーをはてなブックマークに追加
三年ほど前、中国でラベルに「八酒六四」と書かれた酒が発売された。日本人からすれば、「八×八=六四」のもじりかなにかとしか思えないが、さにあらず。中国語での「酒」は、ローマ字で書けばjiuとなる発音。これは「九」の発音と同じだ。つまり、「八酒六四」とは、「八九六四」のもじり。一九八九年六月四日、つまり天安門事件の日を指す。ラベルには大きく「銘記(忘れるな)」とも書いてあって、一つのプロパガンダになっているのだ。

日本でも、「三・一一を忘れない」のように、数字にある種の思いを載せてキャッチフレーズにすることはある。それが、政治的な意味合いを持つこともある。だが、そこにダジャレを持ち込んでカモフラージュをしなくてもいい我々は、幸せだといえるだろう。

中国で「銘記八酒六四」を発売した人は逮捕され、国家政権転覆扇動罪で起訴された。その後、罪名は騒乱罪に変わったものの、このほど、有罪が確定したとのことである。(えんまんじ・じろう=編集者・ライター)
このエントリーをはてなブックマークに追加
円満字 二郎 氏の関連記事
ok
2019年10月28日
ok
2019年10月21日
ok
2019年10月14日
2019年10月6日
ok
2019年10月1日
ok
2019年9月23日
ok
2019年9月16日
ok
2019年9月9日
漢字点心のその他の記事
漢字点心をもっと見る >
学問・人文 > 言語学関連記事
言語学の関連記事をもっと見る >