齋藤元紀 講演会載録 ハイデガー「黒ノート」の全貌 全三四冊のノートには何が書かれているのか|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2019年6月28日 / 新聞掲載日:2019年6月28日(第3295号)

齋藤元紀 講演会載録
ハイデガー「黒ノート」の全貌
全三四冊のノートには何が書かれているのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
第2回
「黒ノート」をどう読むか

齋藤 元紀氏
今はいわゆるスキャンダル・トークは一段落し、研究者たちは問題の文言を含めて、ハイデガーの残したものを読み解いていこうという段階に入っていますけれども、一般にはなお反ユダヤ主義的文言ばかりが取り沙汰されるという雰囲気が残っているようです。翻訳が未刊行という事情も手伝っているのでしょうが、そもそも「黒ノート」がどのような書物なのかという点にほとんど関心が寄せられていないのは、いささか首を捻ります。断片的な文言が並んでいるうえ大部のため、なかなか全体の文脈は捉えがたいところがありますが、それをいいことに、読み手がじぶんの前提や偏見を過度に持ち込んで事足れりとする、といった事態も生じているように思います。
もちろん研究者の中でも様々な受けとめ方があり、遺稿よりもやはり公刊著作を重視すべきだという者もいれば、『存在と時間』のような主著だけを重視して遺稿にはほとんど目もくれないという者もいます。後者はとくに若い研究者で目立つようですが、もちろん主著の理解をおろそかにすることはできないとはいえ、先行研究を顧みず重箱の隅をつついたり、本来の議論からすっかり逸脱しているような研究論文もしばしば見かけます。短時間でジャッジペーパーを量産しなければならないのだから、遺稿などにかまけている暇はない、というわけです。文脈に囚われない自由な見解も発展的な研究も存分に行われてよいでしょうが、ショートカットの成果主義が優先するこのご時世、ハイデガーが批判したような合理的な「計算的思考」が着々と進行しているなどと言うのは、それこそハイデガーかぶれ、時代錯誤も良いところなのかもしれません。しかしハイデガーの思想をどう料理するにせよ、彼が考えた事柄を捉えようとするなら、やはり「黒ノート」は避けては通れない最重要テクストであることに相違ありません。
1 3 4 5 6 7 8
このエントリーをはてなブックマークに追加
齋藤 元紀 氏の関連記事
マルティン・ハイデーガー 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
学問・人文 > 哲学・思想 > ハイデガー関連記事
ハイデガーの関連記事をもっと見る >