齋藤元紀 講演会載録 ハイデガー「黒ノート」の全貌 全三四冊のノートには何が書かれているのか|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2019年6月28日 / 新聞掲載日:2019年6月28日(第3295号)

齋藤元紀 講演会載録
ハイデガー「黒ノート」の全貌
全三四冊のノートには何が書かれているのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
第3回
「黒ノート」というテクスト

もっとも「黒ノート」では、目新しい概念や未聞の思想が語られているというわけではありません。しかしそれによって「黒ノート」の重要性が損なわれるわけでは断じてありません。その内容は実に多彩です。過去の思索の歩みを振り返ったり、そのつどの自身の存在の思索を(うんざりするほど)繰り返し反復しているような断片もあれば、時局診断や文化批判を展開したり、また仕事をめぐる心情を吐露している断片もあります。さらにアイディアだけが断片として書き留められ、のちに変形され洗練され、著作や講演へ活かされていった場合もあります。たとえば「四方域」の概念も、公刊された講演録やその基となる全集の講演録では四つのエレメントをきわめてクリアに描かれていますが、さらにそれらに先立って、「黒ノート」の「四書」では、ハイデガーが試行錯誤しながら四つのエレメントを彫琢してゆく経緯が見て取れます。刊行著作や講義や講演録の諸思想の数々のアイディアを掘り出しては、それらをときに捨て去り、ときに磨き込んでいったハイデガー自身の作業現場が「黒ノート」だとイメージして頂ければ良いと思います。
「黒ノート」は「思索日記」とも呼ばれていますが、アウグスティヌスの『告白』やゲーテの『詩と真実』のように、現時点から振り返って、自伝的に自らの生涯と思索の変遷を語る、という体のものではありません。ウィトゲンシュタインの『秘密の日記』のように、プライベートな事柄を書き連ねたものが一般的な「日記」のイメージには近いのでしょうが、これも「黒ノート」には当てはまりません。むしろ、そういった少なからず個人的な事柄が記載されているのではないかという読み手の思い込みが、「黒ノート」にも過度に反映されているように思います。比較的似通っているのはアーレントの『思索日記』ですが、これがしばしば他の哲学者を参照先としているのに対して、「黒ノート」はもっぱら自分自身の思索のみを参照先としています。日付もなく、途中からは番号すら振られていない断片が連なっているところからすると、「メモ帳」というハイデガー自身の表現がじつは最も適切なのかもしれません。
ハイデガーはおそらく「黒ノート」を繰り返し読み直していたはずです。自らの著作はもちろん、黒ノート内でもあちらこちらに参照指示が飛んでいます。自分自身の思考を後から見直して、そこに書かれているものをもう一回考え直していたという点を考えると、この「メモ帳」のイメージは、ギリシア語の「ヒュポムネーマタ」に重なるように思います。フーコーによれば、メモないし備忘録としての「ヒュポムネーマタ」は、「主体の解釈学」が成立する手前の段階で、書き手を自己自身へと立ち返らせます。そこでは自身でわかっている事柄ではなく、自身ではわかっていない事柄や自身のなかには存在しない真理を、自らが書いたものをとおしてとりまとめ、血肉化するための準備作業です。ハイデガーもまた「黒ノート」を念頭に「補遺は読者のためのものではない」、つまり自らのためのものであると強調しています。書くことで内なる記憶を外在化し、それにより内なる自己を形成していくプロセス、つまり「存在は多様に語られる」を地で行くとともに、存在をめぐる自らの思考を鍛錬し、自らのものとしてゆく準備作業が「黒ノート」では行われている、と言えるのではないでしょうか。「後書きにおいて適切なものごとが聴き取られる」と言っているのも、そのためです。

実際ハイデガーも、「黒ノート」をアフォリズムや処世訓とも異なり、「原存在(Seyn)」への準備を整えるものだと述べています。原存在という出来事に対して準備を整え、書き記したものをとおしてそのつど思考の跳躍が行なわれ、新たな思考が切り開かれる、そうした連鎖が「黒ノート」では展開されているのです。その意味で、体系とは言えないものの、「接合肢(Füge)と呼ばれるある種の枠組みによって「原存在史的」思考を展開する『哲学への寄与』とも「黒ノート」は違っています。「黒ノート」はさらにそうした原存在史的思考の「前衛」と「後衛」を務めるものであり、『哲学への寄与』においていまだ見て取られていないもの、そこで語られていないもの、原存在への問いのさらなる始まりを語りだそうとする挑戦なのです。自らが過去に書いた様々な発想へ立ち戻り、それをあらためて現時点で反復し、そしてまたこれから自らが書きうるであろう可能性をもった思考へと繋げてゆく、そうした試みなのだと言えるでしょう。
1 2 4 5 6 7 8
このエントリーをはてなブックマークに追加
齋藤 元紀 氏の関連記事
マルティン・ハイデーガー 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
学問・人文 > 哲学・思想 > ハイデガー関連記事
ハイデガーの関連記事をもっと見る >