『かこさとしの世界』  加古総合研究所監修|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

出版メモ
更新日:2019年7月23日 / 新聞掲載日:2019年7月19日(第3298号)

『かこさとしの世界』  加古総合研究所監修

このエントリーをはてなブックマークに追加
かこさんの絵も言葉も、眺めていると幸福感がわいてくる。
だるまちゃんにからすのパンやさん、とこちゃんといった、子どもの頃近しく目にしていたキャラクターたち。
『どろぼうがっこう』『かわ』『はははのはなし』などのロングセラー。
懐かしいばかりでなく新鮮なその一冊一冊には、戦争で「死にはぐれた」と考えるかこさんが、未来へ育つ子どもたちへ贈る命の重み、丁寧な営み、知的な遊びが詰まっている。
一刻一刻を大事に丁寧に生きたいが、慌しい現代にそれはときに難しい。
子どもたちのために生きたかこさんは、大人たちにも大事なことを残してくれている。
「かこさとしの世界」展公式図録。
この記事の中でご紹介した本
かこさとしの世界/平凡社
かこさとしの世界
著 者:かこさとし
出版社:平凡社
以下のオンライン書店でご購入できます
「かこさとしの世界」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
かこさとし 氏の関連記事
出版メモのその他の記事
出版メモをもっと見る >
文学 > 日本文学 > 児童文学関連記事
児童文学の関連記事をもっと見る >