久野収 寄稿 “連帯”の政治と哲学を ――グラムシと今日の思想 『週刊読書人』1962(昭和37)年9月10日号 1面掲載|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人アーカイブス
更新日:2019年7月28日 / 新聞掲載日:-0001年11月30日(第441号)

久野収 寄稿
“連帯”の政治と哲学を ――グラムシと今日の思想
『週刊読書人』1962(昭和37)年9月10日号 1面掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加
第3回
グラムシと雑誌「世界文化」

久野 収氏
紙面より
これほどの大人物をK君が私に論じさせようとするのは、戦争中、私たちのやっていた文化雑誌「世界文化」がたぶん日本ではじめてグラムシを紹介したという事実を、K君が知っていたからなのであろう。私の器量ではなく「世界文化」とグラムシとの関係からである。グラムシはその獄中における死をつうじて、日本にはじめて伝えられた。三七年十月号の「世界文化」には、「ローマで病死したアントニオ・グラムシ」という文化情報がのっている。新村猛氏の執筆であったと記憶する。「世界文化」はこの十月号を最終号として、われわれのほとんど全部が捕えられたのであったから、グラムシの死の報道と「世界文化」の死とは重なりあっているわけである。

たぶん文化雑誌「ユーロープ」にのせられたロマン・ロランのグラムシ追悼の言葉によって書かれたこの報道は、げんざい読んでもグラムシの生涯をいきいきと伝えている。サルディニアの貧家生れで、「生来虚弱なせむしの身体に鉄の魂、大きくて深みのある眼、広い額、房々した髪」をもった彼の風貌。サルディニアの農民かたぎの北イタリアの労働者魂による感化。しゃべることよりも書くことにすぐれ、シャルル・ペギイを思わせる文体。トリノ―での「新秩序」(一九一九年)の創刊によるイタリア無産運動のコミュニスト的指導、トリノ―工場評議会の創設、ジョルジュ・ソレルやベネデット・クローチェとの相互影響。ヘーゲル哲学と言語学との深い学識。社会党投手マテオッティや僚友アメンドーラを暗殺したムッソリーニに正面から対決し、哲学と政治と歴史を離さずに統一し、国外へ退去しなかったグラムシは、この三つをデマゴーギッシュに統一しようとしたムッソリーニの憎悪と怨恨から二六年、代議士のままで捕えられ、「非常時法」が発布される以前の行動を理由に特別裁判所にひき出され、禁固二〇年の刑に処せられた。ポット氏病、結核性障害、動脈硬化症をわずらうグラムシにとって、獄中生活は死への確実な進行であった。三三年五月、グラムシを診察したファシスト教授アルカンジェリは「もう余命は長くない」と報告し、ムッソリーニは釈放する条件に主義の否認をもち出したが、グラムシはこの条件を「自殺の一形式」として静かにこばんだ。魯迅の盟友で、ちょうどその二年まえに蔣介石によって殺された瞿秋白の最後と、場所を異にしながら呼応しあっているのが感じられる。

じっさいこの時期は、ファシズムが世界を戦争にひきいれるために、じつに多くの人びとの生き血をむさぼった時期であった。たとえばグラムシの死を伝えたと同じ号の「世界文化」は、イタリア社会党の指導者ロセルリ兄弟が、パリのグラムシ追悼会に出席してわずか半ヵ月後に、ノルマンディーでむごたらしく暗殺された報道を伝えているほどである。
1 2 4 5
このエントリーをはてなブックマークに追加
久野 収 氏の関連記事
読書人アーカイブスのその他の記事
読書人アーカイブスをもっと見る >
学問・人文 > 哲学・思想関連記事
哲学・思想の関連記事をもっと見る >