対談=信田さよ子×大嶋栄子 性被害は終わらない 信田さよ子著『〈性〉なる家族』(春秋社)刊行を機に|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2019年8月9日 / 新聞掲載日:2019年8月9日(第3301号)

対談=信田さよ子×大嶋栄子
性被害は終わらない
信田さよ子著『〈性〉なる家族』(春秋社)刊行を機に

このエントリーをはてなブックマークに追加
〈性〉なる家族(信田 さよ子)春秋社
〈性〉なる家族
信田 さよ子
春秋社
  • オンライン書店で買う
長年、家族について考え、書いてきた臨床心理士の信田(のぶた)さよ子氏が、はじめてその「性」の問題に取り組んだ『〈性〉なる家族』が刊行された。刊行を機に、精神保健福祉士で、被害体験を持つ女性の福祉的支援を行うNPOを運営する大嶋栄子氏との対談をお願いした。「家族の問題の中で、もっとも忌避されてきたのが実は性の問題だ」と信田氏は書く。対談では、性虐待(近親姦)、DVを中心に、当事者と支援者の置かれた実情、性暴力を生み出す社会構造、性暴力にいかに対処すべきかなど、言葉になりにくい部分が語られた。 (編集部)
第1回
2 3 4 5 6
この記事の中でご紹介した本
〈性〉なる家族/春秋社
〈性〉なる家族
著 者:信田 さよ子
出版社:春秋社
以下のオンライン書店でご購入できます
「〈性〉なる家族」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
信田 さよ子 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
社会・政治 > 社会全般関連記事
社会全般の関連記事をもっと見る >