対談=細馬宏通×菊地浩平 ELANで広がる研究の可能性 『ELAN入門 言語学・行動学からメディア研究まで』(ひつじ書房)刊行を機に|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2019年8月9日 / 新聞掲載日:2019年8月9日(第3301号)

対談=細馬宏通×菊地浩平
ELANで広がる研究の可能性
『ELAN入門 言語学・行動学からメディア研究まで』(ひつじ書房)刊行を機に

このエントリーをはてなブックマークに追加
第2回
作り手の意識に近づくことができる

菊地 浩平氏
細馬 
 ぼくや菊地さんのように、相互行為分析、要するに複数の人が登場して同時に色んなことをする場面を分析する研究者は、ELANが出るまではいろいろ試行錯誤してきた。ぼく自身、ELANを使うまで三つくらいプログラムを書きました。

最近、アニメーション分析をするようになったんですが、そこでもELANを使いまくってます(笑)。映画やアニメーションはショットという概念で作品ができています。映像の分析をする人はたいてい、まずショットの構造を表にするでしょう。でも、紙に書いていくとものすごく手間がかかるし、映像のどこが何番目のショットかわからなくなったりする。だけどELANだとショット割りの層を簡単に書けてしまう。なおかつショットの内容をメモできる。しかも、見たいショットをあとからすぐに再生できる。これはすさまじく便利。

大画面でシェアすることもできます。たとえばゼミで学生に映像を見てもらいながら、出た意見を書き込む。一つの作品に対するアイデアの集積がELANの上に溜まっていきます。菊地さんは手話分析以外では使いませんか。
菊地 
 授業の一環で漫才分析をした時に使いました。コミュニケーションの構造を考えるということをやりたくて試したんですが、漫才師二人のやり取りがどのように漫才を作り上げているのかを発話・視線・身体の動き・聴衆の反応といったいくつかのレイヤーに分けて記述していくんです。そうすると、笑いが起こる部分へのアプローチや構造がわかりやすく説明できます。
細馬 
 例えば三分の漫才がどんな構造になってるか考えようとしても、書かれた台詞だけではわからないことが多い。ELANは声の時間パターンも見せることができるので、Aさんの話した時間とBさんの話した時間が視覚化される。菊地さんのやってるように、動きや観客の笑いを入れると、声と動作、笑いの時間関係も可視化される。
菊地 
 試しにやってみたことでしたが、学生たちにもコミュニケーションを構造的に捉えるということについて、視覚的に伝えることができましたし、すごくおもしろかったですね。構造を考えるという観点で漫才を見る経験はまずみなさんないので、その衝撃も含めて(笑)。
細馬 
 台本を見るだけではわからない時間の構造を発見できますよね。アニメーションも同じです。絵コンテや脚本があるけれど、それを見てもわからないことがたくさんある。例えば人物が左から右へ動くときに音楽がどうなってるとか、台詞がショットをどうまたいでるかとか、細かい時間構造もELANを駆使すれば圧倒的にわかりやすくなります。

これは作り手の感性にも通じると思うんですよ。国立近代美術館で開催されている「高畑勲展」を見ましたが、高畑勲はアニメ映画を作るときに、一時間半の尺の中でどのように登場人物の感情が上下するかの「感情グラフ」を作っていたんです。方眼紙に色分けして上下する波を書いていました。それから高畑勲は音楽に意識的な人だったので、音楽を先に録音しておいて、絵コンテとは別に、音楽の簡単なきっかけと演出、それからショット割りを記した手書きのチャートを作っていたりするんです。音楽がわからない人が見ても理解できるように、おたまじゃくしは使わずに、歌詞をひらがなにしたものや、点や曲線を使って音楽の流れをわかりやすく書いていました。それがね、ELANの画面とそっくりなんです。高畑勲のような演出家はELANができる前から自分の知識を周りのスタッフたちと共有するためにELANめいたものを自分で書いていたんですね。

つまりELANを使うことで、高畑勲のような作り手の意識に近づくことができるってことです。たとえ作り手がこの場にいなくても、映像のショット割りをちゃんと調べて、そこで起こっていることを書き込んでいけば、おそらく作り手の考えている演出に近づけるし、もっと言うと作り手さえ思っていなかったことが可視化される場合もあるかもしれない。今やぼくは映像作品について考える時はすぐにELANを立ち上げてメモし始めることが習慣になりつつあります。
菊地 
 私も動画再生しながらメモしたいという欲求が止められないです(笑)。
1 3 4
この記事の中でご紹介した本
ELAN入門 言語学・行動学からメディア研究まで/ひつじ書房
ELAN入門 言語学・行動学からメディア研究まで
編集者:細馬 宏通、菊地 浩平
出版社:ひつじ書房
以下のオンライン書店でご購入できます
「ELAN入門 言語学・行動学からメディア研究まで」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
学問・人文 > 言語学関連記事
言語学の関連記事をもっと見る >