連載 『ハウス・ジャック・ビルト』 ジャン・ドゥーシェ氏に聞く 117|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

ジャン・ドゥーシェ氏に聞く「映画/映画作家/映画批評」
更新日:2019年8月12日 / 新聞掲載日:2019年8月9日(第3301号)

連載 『ハウス・ジャック・ビルト』 ジャン・ドゥーシェ氏に聞く 117

このエントリーをはてなブックマークに追加
映画ジャーナリストたちと(1980年代頃)
JD 
 ラース・フォン・トリアーの『ハウス・ジャック・ビルト』のような映画作品を初めて見ると、理解するのは容易ではないことがわかるはずです。その作品が何を言いたいのか。それが私たちの取り組むことになる問いとなるのです。その問いはあなたたち観客へとお任せします。この作品の中に何を見たのか。何の役に立つのか。主題は何であるのか。どのような構成になっているのか。そのような問いを立て、自身で考察することは面白いことだと思います。そして、映画の観客であるあなた方はそうした問いを持ったはずです。そこから、どこへ向かうことができるのでしょうか。

観客1 ラース・フォン・トリアーはゲーテのファウストを参照したのでしょうか。人間の条件に対する並外れたシリアルキラーの行為の抜粋の連続は何を意味しますか。
JD 
 あなたがすでに理解しているのは、この作品の中に何か読み解くべきものがあるということです。そして、その読み解くべきものは複雑なのです。映画作品を見るための第一歩は――初歩であるばかりではなく常に必要な態度ですが――、一つの芸術作品を見るということなのです。芸術作品というものは、その作品の外部にあるものではありません。作品自体が見るべきものなのです。たとえ作品が大衆、読み手、書き手を必要としていても、それほど重要なことではありません。一般的に、私たちの触れる作品というものは芸術家によって作られたものです。そして、その作品は観客などが入り込みやすい主題を取り扱うことが多くありますが、作品自体に対して大きな影響があるわけではありません。重要なのは、作品の外部を見て受容しながら内部へと移行することです。要するに芸術作品には、創り手による内部と作品による外部の遊戯があり、そこから読み手による感覚的で新たな理解が生まれ得るのです。私たちが問わなければならないその遊戯とは、いかなるものであれ、作品の持つ構造なのです。作品の持つ構造こそが、何かを語るのです。文学を例にすると、問題となるのは外部ではありません。語られている物語自体が重要性を持っているのではありません。いかにして、その物語が語られるのかが重要なのです。

映画的ではない例として、プルースト
JD 
 語りましょう。あなたの手元に一冊の本があり、二年間、たった一つの書き出しの文章を探しているとしましょう。どのような文章が、書き出しの文章にふさわしいのでしょうか。プルーストは最終的にはその文章を見つけ、大いに満足したはずです。彼は、見事な文章を見つけました。「長い間、私は早くから寝たものだ」という一文はありふれており、有用なものではありません。その男性が早くに寝る習慣があろうとも、私たちにはどうでもいいことです。しかしながら、何よりも重要な一文でもあるのです。長い間とは、期間のことです。つまり質的期間のことです。私というのは、プルーストのことで、そこには他者を見つめることになるプルーストが重なり合っています。つまり物語を語る人間の姿があるのです。寝たというのは、当然寝るということですが、決して興味を惹かないものではありません。そして、重要なのは「早くから」という部分です。その一文は質的時間から始まり、量的時間によって終わるのです。そのような一文とともに、一万ページの本は始まり、その一万ページは一文の中に存在するのです。冒頭というものは、それ自体が興味を惹くものであれ惹かないものであれ、作品の中に繰り返し現れるものなのです。

映画を見るというのは、ある点で非常に簡単なことです。プルーストの例のように、いかにして映画を見ることができるのでしょうか。どこへと向かっていくのでしょうか。『ハウス・ジャック・ビルト』には一つ目のパートがあり、二つ目のパートがあり、五つのパートに分かれています。それらは章ではなく、五つの偶発的な出来事なのです。不測の事態なのではなく、挿話としての些細な事件なのです。付随的に、偶然に、ついでに、といった形で物語が進んでいくに過ぎないのです。つまり、五つの段階による進展があり、それぞれの段階は同等の重要さを持っています。  
〈次号につづく〉
(聞き手=久保宏樹/写真提供=シネマテーク・ブルゴーニュ)
このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャン・ドゥーシェ 氏の関連記事
久保 宏樹 氏の関連記事
ジャン・ドゥーシェ氏に聞く「映画/映画作家/映画批評」のその他の記事
ジャン・ドゥーシェ氏に聞く「映画/映画作家/映画批評」をもっと見る >
芸術・娯楽 > 映画関連記事
映画の関連記事をもっと見る >