送|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

漢字点心
更新日:2019年8月19日 / 新聞掲載日:2019年8月16日(第3302号)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「手紙を送る」というのは、少々身勝手な漢字の使い方かもしれない、と思うことがある。なぜなら、自分は移動しないで、手紙だけが移動するからだ。「辶(しんにょう)」は、移動を表す部首。自分自身は移動しないというのでは、「辶」の漢字らしくないのではなかろうか。

その点、「子どもを車で学校まで送る」は、いかにも「辶」の漢字らしい使い方だ。となると、「送別会」を近くの飲み屋さんでやる、なんていうのも身勝手だろう。旅立つ人について、せめて駅なり空港なりまで移動するのが、由緒正しい「送別」のあり方ではあるまいか。

では、お盆の「送り火」はどうだろう。これも自分は移動しないから、身勝手だろうか? いや、そうとばかりは言えまい。送り火をたくとき、ぼくたちは三途の川の岸辺まで移動しているのではなかろうか。お盆とは、死者の魂が戻ってくるだけではなく、ぼくたちも死者の世界へ一歩近付く日のような気がする。(えんまんじ・じろう=編集者・ライター)
このエントリーをはてなブックマークに追加
円満字 二郎 氏の関連記事
ok
2019年10月28日
ok
2019年10月21日
ok
2019年10月14日
2019年10月6日
ok
2019年10月1日
ok
2019年9月23日
ok
2019年9月16日
ok
2019年9月9日
漢字点心のその他の記事
漢字点心をもっと見る >
学問・人文 > 言語学関連記事
言語学の関連記事をもっと見る >