鶴見俊輔✕小田実 “喋る”論理のすすめ ――現代知識人の課題は何か 『週刊読書人』1964(昭和39)年9月7日号 1~2面掲載|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人アーカイブス
更新日:2019年8月18日 / 新聞掲載日:-0001年11月30日(第541号)

鶴見俊輔✕小田実
“喋る”論理のすすめ ――現代知識人の課題は何か
『週刊読書人』1964(昭和39)年9月7日号 1~2面掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加
第2回
偉大だった近代日本 ――食い尽くした封建制の遺産

鶴見 俊輔氏
鶴見 
 日本の大衆のなしとげたことというのは、知性の力によってなしとげたことなんだ。明治以後の発展というのはね。だから、小田さんの評価には全く賛成なんですよ。それを解明するためには、外国に全然出ていかなかった日本人の知性の役割というのが、これがインドの知識人、ギリシャの知識人との比でも、精密に何かケースをとって論証されなければならないじゃないか、という気がするんですけれどね。
小田 
 教育制度というのは、ものすごく役立っているわけでしょう。
鶴見 
 そうですね。ことに初期の小学校の教育というのはたいへんなものだな。いつか佐藤忠男が明治以後の教科書を読んでいって、教科書の専門家の唐沢富太郎と反対の結論を出しているんですよ。戦前の教科書もまた非常にいい。戦後の教科書よりかえって格調が高いと。

戦争中の教科書、わりあい合理的なところがあるんだね。「コマイヌサン、ア、コマイヌサン、ウン」なんていうところから始まるでしょう。ナンセンスなところから来てね、発音的にいけばおもしろいし、人の興味をつかんでいるわけだな。それから、これはもうちょっと前なんだけれども、私が記憶しているのは、「松阪の一夜」というのがあってね。賀茂真淵と本居宣長が合う場面がある。そうすると、賀茂真淵が本居宣長に「あなたはまだ年も若いから、これから一生けんめいはげみなさい。自分は“万葉”を読むことで終ってしまって“古事記”までは行けなかった」ということなんだけれどもね、「あなたはまだ年も若いから」という言葉は、いまも耳の中に残っているね。小学校出てから一度も読返したことないけど、それを書いた人のエネルギーは伝わっているんですよ。伝承の問題なんだ。両者が生死をかけて学問をやっていたわけでしょう。いつも会えるわけじゃなくて、松阪の一夜ではじめて会うわけだ。そのドラマチックな瞬間を書いているわけだ。あれを書いた人の緊迫したスタイル、それはやっぱり明治・大正のエネルギーですよ。そういうものが、戦後には欠けてきているね。近ごろの国語教科書なんていうのは、つまらんもの多いですよ。そこのところは、日本危うしという感じ、非常にするね。

近代の日本は偉大だったわけだ。これは卒直に考えて日本は偉大ですよ。日本の知識人は大したことないよ。
小田 
 どういう点でそうなんですか。
鶴見 
 日本人のいいものの非常に大きな部分は、封建制から出てきたと思うんですよ、よき封建制から、それの遺産をある程度食いつくしてきちゃった、百年の間に、という感じがするわけだな。
小田 
 もうなくなった?
鶴見 
 相当程度食っちゃったわけだ(笑)。まず農民のエネルギーね。それから農民と密着している下級武士のエネルギーね。そういうものが、非常に訓練がすさまじいでしょう。そういうものを裏打ちにしてヨーロッパ的な知性が加わった場合、ちょっとそのときのイギリス人やアメリカ人では太刀打ちできないようなエネルギーの噴出があったわけだ。そこのところがなくなっちゃって、暮し方がアメリカとかイギリスと同じようになっちゃったときは、やっぱりあぶないところが大きくなりますね。
1 3 4 5 6
この記事の中でご紹介した本
日本の知識人 【小田実全集】/ 講談社
日本の知識人 【小田実全集】
著 者:小田 実
出版社: 講談社
以下のオンライン書店でご購入できます
「日本の知識人 【小田実全集】」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
鶴見 俊輔 氏の関連記事
小田 実 氏の関連記事
読書人アーカイブスのその他の記事
読書人アーカイブスをもっと見る >
学問・人文 > 哲学・思想関連記事
哲学・思想の関連記事をもっと見る >