高見順 寄稿  戦争責任の再検討 ――人間の責任所在の問題として 『週刊読書人』1959(昭和34)年1月19日号 1面掲載|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 特集
  3. 読書人アーカイブス
  4. 学問・人文
  5. 高見順 寄稿  戦争責任の再検討 ――人間の責任所在の問題として 『週刊読書人』1959(昭和34)年1月19日号 1面掲載
読書人アーカイブス
更新日:2019年8月25日 / 新聞掲載日:-0001年11月30日(第256号)

高見順 寄稿
戦争責任の再検討 ――人間の責任所在の問題として
『週刊読書人』1959(昭和34)年1月19日号 1面掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加
1959(昭和34)年
1月19日号1面より
戦後復興が進み、知識人たちから先の戦争を問う精緻な議論が多く見受けられるようになる中、日本テレビ史に残るテレビドラマ「私は貝になりたい」が1958年10月31日に放映され、多くの反響を呼ぶとともに、広く市井の人たちに戦争について考えるきっかけを与えた。
「私は貝になりたい」の熱が冷めやらぬなか、作家・高見順が同ドラマを評しつつ、『思想の科学』誌に掲載された鶴見俊輔「戦争責任の問題」を下敷きに戦争責任を検証。これまでの自身の戦争責任に対する問題意識を省みつつ、今後どのような議論を展開すべきかを論じた評論を寄稿した。
また『思想の科学』誌に掲載された鶴見俊輔「戦争責任の問題」における参考文献も付記する。
(2019年編集部)
第1回
勝者による裁判への疑問

評判のテレビ・ドラマ「私は貝になりたい」を私は見そこなった。筋書きを眼にしただけだが、ひとりの庶民が平和な暮しのなかから突然、戦争にひっぱり出されて、心ならずも捕虜虐殺を上官命令によって行ったために、戦犯として処刑される。そういう筋のようだが、この物語の主人公は、もしも戦争さえなかったら、妻子とともに平和な暮しをつづけて、生きながらえていたはずである。戦争のもたらした悲惨な運命がそこに描かれている。

このドラマが、しかし評判になったのは、(主演者の好演ということを、ここでは一応問題の外におくと)勝者による敗者の一方的な戦犯裁判というものの批判が今日の国民感情のうちに強まっているためと見られる。戦争悪がここでは劇的に描かれているが、単にそれだけで、あのような評判が立ったとは思われない。戦争悪の犠牲者としては、こういう特殊な例よりも、いわば平凡な一般的な戦死者の方が、その数の多さから言っても典型的なそれとせねばならぬ。戦争悪の最大の犠牲者は、劇的な死をとげたこういう特殊な戦犯ではなくて、戦場であっけなく死んで行った多くの無名戦士たちである。この無名戦士の死よりも、戦犯の処刑の方が、たとえそれが劇的な死であったkらとはいえ、人々の関心を強くひいたということは、戦争裁判への批判が人々の心に強く働いているからに相違ない。
2 3 4 5
このエントリーをはてなブックマークに追加
高見 順 氏の関連記事
読書人アーカイブスのその他の記事
読書人アーカイブスをもっと見る >
学問・人文関連記事
受賞
野間四賞決定
学問・人文の関連記事をもっと見る >