高見順 寄稿  戦争責任の再検討 ――人間の責任所在の問題として 『週刊読書人』1959(昭和34)年1月19日号 1面掲載|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 特集
  3. 読書人アーカイブス
  4. 学問・人文
  5. 高見順 寄稿  戦争責任の再検討 ――人間の責任所在の問題として 『週刊読書人』1959(昭和34)年1月19日号 1面掲載
読書人アーカイブス
更新日:2019年8月25日 / 新聞掲載日:-0001年11月30日(第256号)

高見順 寄稿
戦争責任の再検討 ――人間の責任所在の問題として
『週刊読書人』1959(昭和34)年1月19日号 1面掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加
第3回
摘発や糾弾ではすまされぬ


戦争責任の問題は、今までのように、自分には全くその責任がないと考える人々の摘発や糾弾というやり方ではなくて、自分には戦争責任があると考える人々によって、それはどういうものだったかをみずから考えるというやり方において、改めて取りあげられねばならない。それが今まで全然なされていなかった。それは今までの戦争責任論が摘発であり糾弾であったからだ。摘発や糾弾に対して身を守りたいとして、この私も戦争責任の問題に対しては口を緘していた。責任があると自覚し、その自覚を単に抽象的に口にするだけで具体的にそれをさらけ出して公的な問題にして考えるということを避けてきた。それは私だけではなく、多くの人々がそうであり、ある人々の場合は、意識的に過去を隠蔽するために、過去のその人とは全く反対の言動に出たりする。それによって、過去のつぐないをするつもりかもしれないがそれは消極的隠蔽というより積極的回避ということになって、現在の言動にも無責任のかげを落している。戦争責任は、やはり回避してはならない事柄である。戦争責任論は摘発や糾弾の問題ですませてはならない事柄である。
1 2 4 5
このエントリーをはてなブックマークに追加
高見 順 氏の関連記事
読書人アーカイブスのその他の記事
読書人アーカイブスをもっと見る >
学問・人文関連記事
学問・人文の関連記事をもっと見る >