高見順 寄稿  戦争責任の再検討 ――人間の責任所在の問題として 『週刊読書人』1959(昭和34)年1月19日号 1面掲載|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 特集
  3. 読書人アーカイブス
  4. 学問・人文
  5. 高見順 寄稿  戦争責任の再検討 ――人間の責任所在の問題として 『週刊読書人』1959(昭和34)年1月19日号 1面掲載
読書人アーカイブス
更新日:2019年8月25日 / 新聞掲載日:-0001年11月30日(第256号)

高見順 寄稿
戦争責任の再検討 ――人間の責任所在の問題として
『週刊読書人』1959(昭和34)年1月19日号 1面掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加
第4回
摘発や糾弾ではすまされぬ


わたくしごとにわたるが、私は去年「文芸春秋」に、昭和二十年の敗戦前后の日記(編集部による抜萃)を発表した。今度、それに未発表の部分も加えて、単行本として出版するが、これには私の戦争協力の姿がはっきり出ている。恥にみちた過去の姿をあえて自己暴露するのは、戦争責任の問題を、われひとともに、今のように曖昧にしておいてはならないと私は考えたからである。戦争協力とはどういうことであったか、協力による戦争責任とはどういうことであるか、こういう問題を具体的に究明したいのである。それは単に戦争責任の問題にとどまらず、今日におけるわれわれの言動の責任ということについての、はっきりした自覚を要求する問題である。自己の責任ということが、今日ほど曖昧にされている時はない。

戦争責任という事柄も、しごく曖昧にされていて戦争責任とは戦犯だけのものだと見る人もある。そうかと思うと、一時は、もっともいたましい戦争の犠牲者である特攻隊までを、憎むべき好戦主義者と見なしたりして、人間としては実に卑怯で卑劣な人物が、戦争への抵抗者だと礼讃されたりした。戦争中、極右団体に入って、ナチまがいの制服を来て濶歩していた男を私は心ひそかに憎んだが、庶民的な消極的協力もまた、協力を積極的に拒んでいた人々にとっては、憎むべき行為だったわけだ。こうなると、戦争責任というのは微妙で複雑だが、その複雑微妙のなかに入ってゆくことが必要なのである。大雑把な戦争責任論では、しょせん摘発や自己合理化にとどまってしまうのである。みずから戦争責任を感じている人々からの戦争責任論によって、責任は何かという一般的な、そして今日における責任所在の問題を明らかにしたいのである。(たかみ・じゅん氏=作家)
1 2 3 5
このエントリーをはてなブックマークに追加
高見 順 氏の関連記事
読書人アーカイブスのその他の記事
読書人アーカイブスをもっと見る >
学問・人文関連記事
学問・人文の関連記事をもっと見る >