高見順 寄稿  戦争責任の再検討 ――人間の責任所在の問題として 『週刊読書人』1959(昭和34)年1月19日号 1面掲載|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 特集
  3. 読書人アーカイブス
  4. 学問・人文
  5. 高見順 寄稿  戦争責任の再検討 ――人間の責任所在の問題として 『週刊読書人』1959(昭和34)年1月19日号 1面掲載
読書人アーカイブス
更新日:2019年8月25日 / 新聞掲載日:-0001年11月30日(第256号)

高見順 寄稿
戦争責任の再検討 ――人間の責任所在の問題として
『週刊読書人』1959(昭和34)年1月19日号 1面掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加
第5回
参考文献 「思想の科学」創刊号より作成

◇花田清輝著「罪と罰」(『新編・錯乱の論理』所収・青木書店)
◇大熊信行著『国家悪―戦争責任は誰のものか』・中央公論社
◇本多顕彰著『指導者』・光文社
◇竹山道雄著『昭和の精神史』・新潮社
◇亀井勝一郎著『現代史の課題』・中央公論社
◇遠山茂樹・今井清一・藤原彰『昭和史』・岩波新書
◇福田恆存著『平和論のすすめ方についての疑問』・文芸春秋新社
◇吉本隆明著『高村光太郎』・飯塚書店
◇志賀義雄著『日本革命運動の群像』合同出版社
◇荒正人著『雪どけを超えて』・近代生活社
◇森伊佐雄著『昭和に生きる』・平凡社
◇丸山真男著「思想の言葉」(『思想』五六年・三月号)
◇村上兵衛著「天皇の戦争責任」(『中央公論』五六年・六月号)
◇筑波常治著「戦争が置き去りした人々」(「日本読書新聞」五七年・六月三日号)
◇M・ウェーバー著「戦争責任論」(『政治書簡集』所収・未来社)
◇巣鴨遺書編纂会『世紀の遺書』・巣鴨遺書編纂会刊行事務所
◇「戦争責任特集号」(『近代文学』五五年)
◇「思想の科学研究会会報」
◇吉本隆明・武井昭夫著『文学者の戦争責任』・淡路書房
◇秋山清著『文学の自己批判』・新興出版社
◇松田道雄著『現代史の診断』・拓文館
◇ねず・まさし著『批判現代日本史』・日本評論社
◇樋口茂子著『非情の庭』・三一書房
1 2 3 4
このエントリーをはてなブックマークに追加
高見 順 氏の関連記事
読書人アーカイブスのその他の記事
読書人アーカイブスをもっと見る >
学問・人文関連記事
学問・人文の関連記事をもっと見る >