掩|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

漢字点心
更新日:2019年9月2日 / 新聞掲載日:2019年8月30日(第3304号)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 「エン」と音読みする漢字。「掩護射撃」のように使われるが、現在では同音の「援」を用いた「援護射撃」の方が、はるかに一般的である。

「掩護」であれ「援護」であれ、守ってあげることに変わりはない。ただ、「援」は、「応援」「後援」など、手助けするという意味合いが強い。対する「掩」の意味合いについては、中国の詩人、白楽天の『長恨歌』という物語詩にわかりやすい例がある。主人公の玄宗皇帝は、自らの失政が招いた反乱の中、最愛の女性、楊貴妃(ようきひ)が殺されるのを止めることができない。その場面を、詩人は「君王、面を掩(おお)ひて救ひ得ず」とうたっている。皇帝は見ていられず、手で顔を覆ったのだ。

つまり、「掩護」とは上から覆って危険から守るという意味。「援護」は手助けするのだから下から目線だろうが、「掩護」には上からの目線が感じられる。同音の漢字であっても、ニュアンスはがらりと変わってしまうのである。(えんまんじ・じろう=編集者・ライター)
このエントリーをはてなブックマークに追加
円満字 二郎 氏の関連記事
ok
2019年9月16日
ok
2019年9月9日
ok
2019年8月26日
すん
ok
2019年8月19日
ok
2019年8月12日
ok
2019年8月6日
ok
2019年7月30日
ok
2019年7月23日
漢字点心のその他の記事
漢字点心をもっと見る >
学問・人文 > 言語学関連記事
言語学の関連記事をもっと見る >