小谷野敦×倉本さおり対談 〈芥川賞について話をしよう〉 第十六弾|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2019年9月13日 / 新聞掲載日:2019年9月13日(第3306号)

小谷野敦×倉本さおり対談
〈芥川賞について話をしよう〉 第十六弾

このエントリーをはてなブックマークに追加
第3回
核心を迂回する語り――『カム・ギャザー・ラウンド・ピープル』

小谷野  
 あまり話すこともないので、高山羽根子『カム・ギャザー・ラウンド・ピープル』に移りましょう。高山の以前の作品よりは分かりやすいと思いましたが、それは私の錯覚ですかね。
倉本  
 前回の候補の『居た場所』よりはテーマが明瞭でわかりやすいかもしれませんが、個人的にはそれが仇となった印象です。振り返ってみると、各時評で絶賛されたものの結局は芥川賞の候補に入らなかった『オブジェクタム』が、いちばん無理がないという意味でわかりやすかったと思います。高山さんの作品は意識的に語り落としている部分が常にありますよね。核心にあるはずのものを、あえて迂回して語っている。今回の候補作もそうです。『カム・ギャザー・ラウンド・ピープル』は、「私」が少女時代から現在にいたるまでの思い出を断片的に語っていく形式で、美しくてエロい背中をしていたおばあちゃんのエピソードにはじまり、小学校の下校中知らないおじさんにお腹をなめられた一件や人身事故に遭遇したときの記憶といったさまざまなエピソードの並列から、とあるショッキングな出来事に対する複雑な心情があくまで未整理なまま立ちのぼるという仕組み。
小谷野  
 ヘンリー・ジェームズもあえて迂回する語りをするけれど、ジェームズの場合、きちんと納得できる。だけど、高山の場合は説明されても納得できる部分が少ない。細部を書き込みすぎるほど良さが分からなくなるんです。以前、倉本さんに『オブジェクタム』の良さを説明してもらったけど、結局はさっぱり分からなかった。今回もその時とまったく同じです。
倉本  
 小説の中心にドラマチックな物語の牽引力を導入してしまえば読者はすっきりするけれど、本当はごちゃごちゃしているはずの物事の細かな部分は塗りつぶされてしまう。高山さんは、その塗りつぶしの暴力を徹底的に避ける誠実な作家なんだと思います。だから出来事と出来事のつなぎ目にあたる部分を意識的に削いでいく。ものすごく繊細さを必要とする作業であるために、今回はそれが上手くいっていない部分が少し目立ちました。「レイプ」という強い言葉に引きずられて、終盤どうしても語りの態度が揺らいでしまっている。迂回芸に徹していない。全体のバランスが崩れてしまっているかなと思いました。
小谷野  
 やっぱり私には、何が面白いのかさっぱり分かりませんね。
1 2 4 5 6
この記事の中でご紹介した本
むらさきのスカートの女/朝日新聞出版
むらさきのスカートの女
著 者:今村 夏子
出版社:朝日新聞出版
「むらさきのスカートの女」は以下からご購入できます
百の夜は跳ねて/新潮社
百の夜は跳ねて
著 者:古市 憲寿
出版社:新潮社
「百の夜は跳ねて」は以下からご購入できます
カム・ギャザー・ラウンド・ピープル/集英社
カム・ギャザー・ラウンド・ピープル
著 者:高山 羽根子
出版社:集英社
「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」は以下からご購入できます
五つ数えれば三日月が/文藝春秋
五つ数えれば三日月が
著 者:李 琴峰
出版社:文藝春秋
「五つ数えれば三日月が」は以下からご購入できます
ラッコの家/文藝春秋
ラッコの家
著 者:古川 真人
出版社:文藝春秋
「ラッコの家」は以下からご購入できます
「ラッコの家」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
小谷野 敦 氏の関連記事
倉本 さおり 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
学問・人文 > 評論・文学研究 > 日本文学研究関連記事
日本文学研究の関連記事をもっと見る >