小谷野敦×倉本さおり対談 〈芥川賞について話をしよう〉 第十六弾|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2019年9月13日 / 新聞掲載日:2019年9月13日(第3306号)

小谷野敦×倉本さおり対談
〈芥川賞について話をしよう〉 第十六弾

このエントリーをはてなブックマークに追加
第5回
混在する視点――『ラッコの家』

ラッコの家(古川 真人)文藝春秋
ラッコの家
古川 真人
文藝春秋
  • オンライン書店で買う
小谷野  
 それだと、前衛的な作品になってしまうでしょうけどね。倉本さんは、古川真人の『ラッコの家』を褒めてましたよね。
倉本  
 デビュー作の『縫わんばならん』や、その次の『四時過ぎの船』よりも、今回の語りのほうが圧倒的に好きですね。『ラッコの家』は、八十近い老女・タッコことタツコの語りに、二人の姪や親戚の子供たちの会話といったさまざまな「声」が、カギ括弧や改行を排した状態で—織り込まれていく。デビュー作から同じ一族をモチーフにしているため、選考ではシリーズもの扱いをされてしまい、家系図がないと読めないと言われていましたが、あまりそういうことにこだわらず、音声に身を委ねればすいすい読めると思います。この語りの中には、現在に加えて過去の複数の時間軸、それに妄想の視点が同時に存在していますよね。ひとりの人物の意識の流れだけで最後まで小説を編むのはすごく難しいので、古川さんのこのやり方は一作目と二作目のような形が限界だろうなと思っていました。でも、今作は全編そのスタイルで編んできた。この方法で書き切れた日本の作家はあまりいない気がします。もう少し評価されても良かったんじゃないでしょうか。
小谷野  
 私は、こういう方言ものが好きじゃないんだな。
倉本  
 そうかあ。方言ならすべていいわけじゃないんですが、この作品の場合は方言で書かれていることで、生き生きとした躍動感や鮮やかさを伴って物語が再現される。連なっていく言葉の響き、例えば表題にもなっている、スマホの音声認識の間違いによってタッコがラッコになる瞬間なんかがとても良い。あと、海の情景がパッと頭に浮かびます。そういうものが好きな読者にとってはたまらなく面白い作品です。
1 2 3 4 6
この記事の中でご紹介した本
むらさきのスカートの女/朝日新聞出版
むらさきのスカートの女
著 者:今村 夏子
出版社:朝日新聞出版
「むらさきのスカートの女」は以下からご購入できます
百の夜は跳ねて/新潮社
百の夜は跳ねて
著 者:古市 憲寿
出版社:新潮社
「百の夜は跳ねて」は以下からご購入できます
カム・ギャザー・ラウンド・ピープル/集英社
カム・ギャザー・ラウンド・ピープル
著 者:高山 羽根子
出版社:集英社
「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」は以下からご購入できます
五つ数えれば三日月が/文藝春秋
五つ数えれば三日月が
著 者:李 琴峰
出版社:文藝春秋
「五つ数えれば三日月が」は以下からご購入できます
ラッコの家/文藝春秋
ラッコの家
著 者:古川 真人
出版社:文藝春秋
「ラッコの家」は以下からご購入できます
「ラッコの家」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
小谷野 敦 氏の関連記事
倉本 さおり 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
学問・人文 > 評論・文学研究 > 日本文学研究関連記事
日本文学研究の関連記事をもっと見る >