幻燈の会第6回 『現代の眼』―激動する時代とジャーナリズム|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

催しもの
更新日:2019年9月17日 / 新聞掲載日:2019年9月13日(第3306号)

幻燈の会第6回 『現代の眼』―激動する時代とジャーナリズム

このエントリーをはてなブックマークに追加
★幻燈の会第6回 『現代の眼』―激動する時代とジャーナリズム
▼日時:9月22日(日)14時~17時▼会場:渋谷区立勤労福祉会館第4洋室▼会費:1000円▼ゲスト:赤藤了勇(元『現代の眼』デスク)/聞き手:高野慎三(北冬書房)/主催:幻燈の会▼予約・問合:gentou.institute@gmail.com

60~70年代を通して総会屋雑誌はどのように成立し、制作されたのか。アクチュアルな問いの〝現場〟となった『現代の眼』デスクを務めた赤藤氏にお話を伺う。
このエントリーをはてなブックマークに追加
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
ビジネス・経済 > メディア・マスコミ関連記事
メディア・マスコミの関連記事をもっと見る >