「まちかどアカデミー」日本の未来を創るために、人口の歴史を知ろう! その増減メカニズムと、持続可能な社会への処方箋|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

催しもの
更新日:2019年10月11日 / 新聞掲載日:2019年10月11日(第3310号)

「まちかどアカデミー」日本の未来を創るために、人口の歴史を知ろう! その増減メカニズムと、持続可能な社会への処方箋

このエントリーをはてなブックマークに追加
登壇者=鬼頭宏氏(静岡県立大学学長)

10月25日(金)19時〜20時半(18時半開場)、会場=神保町・出版クラブビル3階(千代田区神田神保町1―32)、参加費=1000円(当日会場で支払い)。

【主旨】

日本は既に①縄文②平安末〜鎌倉初期③江戸の三度にわたって大きな人口変動を経験してきた。『人口から読む日本の歴史』(講談社学術文庫)の著者で歴史人口学の権威である鬼頭氏が、過去の人口循環メカニズムを読み解きながら、今起きている人口減少の意味が明らかにする。地方創生、医療・介護、SDGs、新規事業開発等の課題に新たな視点が得られる。

申し込みは、まちかどアカデミー実行委員会事務局(彩流社)WEBサイト申し込みフォームより(http://www.sairyusha.co.jp/oshirase/machikadoakademi.html

問い合わせは、同事務局☎03・3234・5931
このエントリーをはてなブックマークに追加
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
文化・サブカル > 文化論関連記事
文化論の関連記事をもっと見る >