第四一回野間文芸新人賞候補作品|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

受賞
更新日:2019年10月11日 / 新聞掲載日:2019年10月11日(第3310号)

第四一回野間文芸新人賞候補作品

このエントリーをはてなブックマークに追加

▽古谷田奈月『神前酔狂宴』(河出書房新社)

▽高山羽根子『如何様(いかさま)』(朝日新聞出版『小説トリッパー』掲載)

▽千葉雅也『デッドライン』(新潮社『新潮』掲載)

▽宮下遼『青痣』(講談社『群像』掲載)

▽四元康祐『前立腺歌日記』(講談社)

▽李琴峰『五つ数えれば三日月が』(文藝春秋)

受賞作の発表は十一月六日。
このエントリーをはてなブックマークに追加
受賞のその他の記事
受賞をもっと見る >
学問・人文 > 評論・文学研究関連記事
評論・文学研究の関連記事をもっと見る >