佐藤飛美インタビュー 「好き」を「もっと好き」にする参考書 「『ハリー・ポッター』について論文を書きたいので、教授、授業の題材にしませんか?」(小鳥遊書房)刊行を機に|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2019年11月15日 / 新聞掲載日:2019年11月15日(第3315号)

佐藤飛美インタビュー
「好き」を「もっと好き」にする参考書
「『ハリー・ポッター』について論文を書きたいので、教授、授業の題材にしませんか?」(小鳥遊書房)刊行を機に

このエントリーをはてなブックマークに追加
第4回
ローリングの死生観/ 魔法でできること、できないこと

――第7章のテーマは「死」です。ローリングは、魔法に対して「死者を生き返らせることはできない」という制約を最初に決めていた。この物語の重要なテーマに繋がる作者の発言も引用されています。
佐藤 
 根本的に覆すことができないことは、マグルであろうと魔法使いであろうとできない。魔法も万能ではありません。その点に関連させて言うと、『ハリー・ポッター』における死後の世界を考える上で、ゴーストの存在は重要です。「ゴースト」=「死を乗り越えた者」ではなく、むしろ「死を受け入れられなかった者」と考えるのがいいと思います。ゴーストになる/ならないは選べるとされていますが、ゴーストになることを選ぶのは賢い選択ではない。面白いのは、ここでも予言と同じく選択できること。最後まで「選択」が重視されているところに、ローリングらしい死生観と哲学があらわれていますね。

――周囲の人たちの「死」を経験することで、ハリーも成長していきます。死と人の成長が深く関わっていることがよく分かります。
佐藤 
 死を目の前にして、最初は取り乱すだけだったハリーは、上級生のセドリック、名付け親のシリウス、そしてダンブルドアと多くの人たちの死を乗り越えることで成長を遂げていきます。セドリックが死んだときは、なかなか受け入れられず、シリウスが死んだときは周囲へ当たり散らし、暴れる。けれど、ダンブルドアの死に対してはショックを受けながらも、その「死」を理解し「心の整理」ができるようになった。ダンブルドアの葬儀のとき、ハリーが笑いそうになったという描写は、彼の成長を象徴しているシーンだと思います。

――終章では「読者に考えることを促すローリングの姿勢に賛同する」と述べています。その理由をお聞かせください。
佐藤 
 ものを創作する人は、自分が作品に対して込めた想いを理解して欲しいという部分が絶対にあるはずです。でも、ローリングは作品の解釈について質問されると、「それは自分で決めて構わない」と答えています。一つの見方に縛られるのではなく、自ら考えて答えを出していいという、寛容な姿勢をとっている。「想像力が重要」だという彼女らしい一言です。もちろん、むやみやたらに勝手に読んでいいという意味ではありませんが、「自由に考えていい」と言われると、読む側としては解放感がありませんか。

生きていると、答えは一つでないことが多いし、簡単に解ける問題ばかりでもない。むしろ、一つの答えに縛られると、見えないものがたくさん出てきます。自分の頭で考えて、答えを導き出すことは本当に大切だと思います。

――最後に、長年あたためてきたテーマを、一冊の本に書き上げた今の思いをひと言お願いします。
佐藤 
 自分で本を仕上げた上で改めて考えてみたのですが、この本に対して私が想像もしていなかった意外な読み方をしたり、異なる意見を持つ方は必ずいるでしょう。それはそれで面白いし、そこからもっと違う視点や、新しい研究テーマが出てきて欲しい。そういう風に繋げていくことができれば、少しでもこの本が役に立ったと言えると思えます。

      (おわり)
1 2 3
この記事の中でご紹介した本
ハリー・ポッター』について論文を書きたいので、 教授、授業の題材にしませんか?/小鳥遊書房
ハリー・ポッター』について論文を書きたいので、 教授、授業の題材にしませんか?
著 者:佐藤 飛美
出版社:小鳥遊書房
「ハリー・ポッター』について論文を書きたいので、 教授、授業の題材にしませんか?」は以下からご購入できます
「ハリー・ポッター』について論文を書きたいので、 教授、授業の題材にしませんか?」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
学問・人文 > 評論・文学研究 > 世界文学関連記事
世界文学の関連記事をもっと見る >