パンティオロジー 秋山 あい著|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. コラム
  3. 新刊
  4. 建築
  5. パンティオロジー 秋山 あい著
新刊
更新日:2019年11月23日 / 新聞掲載日:2019年11月22日(第3316号)

パンティオロジー
秋山 あい著

このエントリーをはてなブックマークに追加
〈学問的アートプロジェクト「パンティオロジー」〉と著者はいう。はじめは、面白いことをいうなぁ…ぐらいの気持ちだった。ところが本編を読み出すと、目が離せない。これは三十三人のバラエティに富んだ女性たちの、赤裸々な個人史であり、パンティから、そのアイデンティティと生き方をサンプリングした、女
性についての社会学だ。

持ち主の年齢、星座、血液型、生まれ育ち、職業、交際状況等のデータと、インタビュー。どんなときに履くか、どんなときに買うか、どのタイミングで捨てるか、値段、買った場所、買った時代、質感、パンティにまつわる記憶、恋人の反応、母からの教え……。

そして「いちばんセクシーなもの」「いちばんリラックスできるもの」「お気に入りのもの」の、選ばれしパンティ3枚ずつをイラスト化。カラフルな色彩、レースやリボンや、生地のテロっとした質感、あるいはコットンの身になじむ感じ、長く愛用している風合い、奇抜さが愉快なもの、時代を感じるもの、などなど創造的でリアルで、繊細で大胆なイラスト。人のパンティがどうしてこんなに面白いのか。ついつい読みふける。〈パンティの数だけ哲学がある〉という著者の言葉は、大げさではない。新しい素敵なパンティが買いたくもなる、活力が湧く一冊だ。(四六判・一六〇頁・二二〇〇円・集英社インターナショナル)
この記事の中でご紹介した本
パンティオロジー/ 集英社インターナショナル
パンティオロジー
著 者:秋山 あい
出版社: 集英社インターナショナル
以下のオンライン書店でご購入できます
「パンティオロジー」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
新刊のその他の記事
新刊をもっと見る >
建築関連記事
建築の関連記事をもっと見る >