なぜ名前にホシがあるのか?㉞ インベカヲリ★|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

なぜ名前にホシがあるのか?
更新日:2019年12月2日 / 新聞掲載日:2019年11月29日(第3317号)

なぜ名前にホシがあるのか?㉞
インベカヲリ★

このエントリーをはてなブックマークに追加
©インベカヲリ★
20代前半の頃、よく雨が土砂降りで傘を持ってないと、わざとびしょ濡れになりながら会社から家まで帰っていた。目に雨が入って前が見えなくなりながら、靴に水を溜めながら、水浸しの服を絞りながら、ザブザブと歩く。家に帰ればすぐお風呂に入って、服を洗濯機に放り込めばいいので、なにも困ることはない。傘がなければ濡れて帰ればいいじゃない、そう思っていた。もちろん季節は夏の暑いときに限定される。本当は裸足になりたいけれど、さすがにアスファルトの上は危険なので止めておいた。突然の夕立で、人々が雨宿りをしている中、颯爽と濡れネズミで歩く自分はカッコイイとすら思っていた。ある日、雨に打たれながら歩いていると、仕事先の人が雨宿りしているのに出くわし、目があったので「お疲れ様です」と挨拶し、そのまま雨に打たれて通りすぎた。相手は、鳩が豆鉄砲を食ったような顔していたが、そんなことまるで気にならなかった。雨は楽しい。空から水が降ってくるって面白い。私はモデルさんを雨の中に立たせたり、水に入れて撮影することが多いけれど、一体なぜそんなに水が好きなのか、本当のところは自分でもよくわからない。(いんべ・かをり=写真家)
このエントリーをはてなブックマークに追加
インベカヲリ★ 氏の関連記事
なぜ名前にホシがあるのか?のその他の記事
なぜ名前にホシがあるのか?をもっと見る >
人生・生活 > エッセイ関連記事
エッセイの関連記事をもっと見る >