大江健三郎とその時代 「戦後」に選ばれた小説家 書評|山本 昭宏(人文書院)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 書評
  3. 読書人紙面掲載 書評
  4. 文学
  5. 日本文学
  6. ノンフィクション
  7. 大江健三郎とその時代 「戦後」に選ばれた小説家の書評
読書人紙面掲載 書評
更新日:2019年11月30日 / 新聞掲載日:2019年11月29日(第3317号)

大江健三郎とその時代 「戦後」に選ばれた小説家 書評
「森」に分け入るための道標として
作家を戦後の社会思想史に定位、作品群に系統的な見通しを与える

大江健三郎とその時代 「戦後」に選ばれた小説家
著 者:山本 昭宏
出版社:人文書院
このエントリーをはてなブックマークに追加
 大江健三郎の小説は厄介である。非日常化された文体の特異さや、錯綜する物語構造の複雑さ、あるいは作品主題の思想的な難解さのことを言っているのではない。ひとつの作品が作者自身によって飽くことなく読み直され、ときには書き換えられて複数のヴァリアントが繁茂してゆくばかりか、続く作品が自作に対する注釈、差異化、作家のいわゆる「エラボレーション」として増殖してゆく、そのプロセスの執拗さが何よりも厄介なのだ。一篇の作品がそれ自体として完結するのではなく、作品群全体への不断の準拠を通じて初めて立ち現れてくる大江の小説世界は、作家が好んで作品へと導入したヴィジョンそのままに、あたかも「森」のような相貌を呈している。

大江文学という「森」に分け入るために著者が選ぶのは、正面突破とでもいうべき通史的記述であり、大江自身の言葉のリニアな追跡である。序章と第一章では、「火山」をはじめとする習作、文壇デビュー作となった「奇妙な仕事」以下の初期作品群が考察される。ここでは、六〇年安保闘争に前後して大江が戦後世代の旗手たりえた所以が、同時代の世代論的言説を踏まえつつ明らかにされている。さらに著者は、初期大江における性と政治の統一的把握という主題を、私小説とプロレタリア文学の棲み分けという近代文学の枠組を突破する試みとして評価する。

第二章と第三章では、『個人的な体験』以来の長篇作品群が検討される。六〇年代後半以降、論壇の趨勢が戦後民主主義批判に傾くなかで、それに抗う大江の姿が、ベ平連に代表される市民運動家の言説との差異を明らかにしつつ描出される。さらに、七〇年代にかけて著された長篇作品群に通底する核時代の想像力、「新しいスピリチュアリティ」との共振性、あるいは構造主義への傾斜について、各作品の内容に即して考察が加えられている。

第四章と終章では、一九八〇年代の創作から最近作までが扱われる。『「雨の木」を聴く女たち』の短篇連作以降、「後期の仕事」に至るまでの大江作品に色濃いのは、私小説的な傾向である。ときに自作を想起し、読み直す行為を執筆中の小説のなかに書き込んでゆくその実践を、著者は「ポスト・モダンの実践」と位置付け、作者を実体としての「私」ではなくそれらのテクストを束ねる機能体として捉えることを提案する。またここでも、オウム真理教事件と『宙返り』との関係、東日本大震災と『晩年様式集』との関係など、時代背景と創作との関連性を捉え直す作業が行われている。

このように本書は、大江健三郎という作家を戦後の社会思想史に定位し、相互に浸潤する作品群に系統的な見通しを与えている。論述に際しては関連する文献が丁寧に参照されており、大江研究のレファレンスツールとしてもきわめて有益である。しかし後半部、とくに著者が「ポスト・モダンの実践」と呼ぶ作品群に関しては、その歴史社会学的なアプローチが相対的に機能していないように思われる。これは必ずしも著者の責ではない。いわば自家受粉を繰り返す大江の八〇年代以降のメタフィクショナルな作品群は、著者も言及するとおり、前期の作品が明示的に保持していた歴史や社会との接点を見えにくいものとしているからである。このことは、ひとり大江健三郎に限らず現代文学史、とりわけ八〇年代以降の文学史を、時代という軸に沿って記述することの困難あるいはその無効性に通じている。いずれにせよ本書は、大江健三郎の厄介な作品群に踏み入ろうとする読者に、同時代の社会思想を参照しながらリニアな道標を与えてくれるだろう。
この記事の中でご紹介した本
大江健三郎とその時代 「戦後」に選ばれた小説家/人文書院
大江健三郎とその時代 「戦後」に選ばれた小説家
著 者:山本 昭宏
出版社:人文書院
以下のオンライン書店でご購入できます
「大江健三郎とその時代 「戦後」に選ばれた小説家」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
山本 昭宏 氏の関連記事
読書人紙面掲載 書評のその他の記事
読書人紙面掲載 書評をもっと見る >
文学 > 日本文学 > ノンフィクション関連記事
ノンフィクションの関連記事をもっと見る >