宮崎駿の思索の旅へ|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

編集室から
更新日:2019年12月6日 / 新聞掲載日:2019年12月6日(第3318号)

宮崎駿の思索の旅へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

アニメ版と先に出会い、成長物語に囲まれて育った世代である。そのため今回、初めてマンガ版『風の谷のナウシカ』を読み、非常に困惑した。
勧善懲悪の話でも、主人公が成長しながら、世界平和を目指す話でもない――「エンタメの公式」に当てはまらない物語をどう受け止めればよいのか、分からなかった。

その戸惑いから抜け出す道しるべを示してくれたのが、『ナウシカ考』である。
ナウシカの旅を痕跡を示しつつ考察しているので、物語世界のリアリズムから離れることなく、思考を深めることができる。
切通さんがおっしゃっていたように、私も気が付くとマンガ版を開き、並行しながら本書を読んでいた。

この先も、宮崎駿の思索の旅へ、『ナウシカ考』を片手に携えて、出かけたいと思う。   (N)
この記事の中でご紹介した本
ナウシカ考 風の谷の黙示録/岩波書店
ナウシカ考 風の谷の黙示録
著 者:赤坂 憲雄
出版社:岩波書店
「ナウシカ考 風の谷の黙示録」は以下からご購入できます
「ナウシカ考 風の谷の黙示録」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
編集室からのその他の記事
編集室からをもっと見る >
文化・サブカル > 文化論関連記事
文化論の関連記事をもっと見る >