人類の意識を変えた20世紀 アインシュタインからスーパーマリオ、ポストモダンまで 書評|ジョン・ヒッグス(インターシフト )|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 書評
  3. 読書人紙面掲載 書評
  4. 社会・政治
  5. 社会全般
  6. 人類の意識を変えた20世紀 アインシュタインからスーパーマリオ、ポストモダンまでの書評
読書人紙面掲載 書評
更新日:2019年12月14日 / 新聞掲載日:2019年12月13日(第3319号)

人類の意識を変えた20世紀 アインシュタインからスーパーマリオ、ポストモダンまで 書評
断絶のコレクション
一九世紀と二〇世紀の間にまたがる深い溝

人類の意識を変えた20世紀 アインシュタインからスーパーマリオ、ポストモダンまで
著 者:ジョン・ヒッグス
翻訳者:梶山 あゆみ
出版社:インターシフト
このエントリーをはてなブックマークに追加
 歴史学者エリック・ホブズボームは、二〇世紀を「短い世紀」——第一次世界大戦の一九一四年からソビエト連邦解体の一九九一年まで——としたうえで「両極端の時代」と呼んだ(『20世紀の歴史——両極端の時代』上下、ちくま学芸文庫)。破局と復興、繁栄と危機の相次いだ世紀にいかにもふさわしい形容であった。

本書はまた別の角度から、この短い両極端の世紀を俯瞰する一冊である。著者が注目するのは、一九世紀と二〇世紀の間にある深い断絶である。本書の原題「想像もできないほど奇妙な」(Stranger Than We Can Imagine)の言葉のとおり、歴史を振り返ると、二〇世紀を境に突如として「物事が理解不能になり」(一四頁)、数々の「予想だにできなかったまったく新しい過激な概念」(同頁)が提出された。好例はモダンアートである。キュビスム、ダダ、シュルレアリスム、抽象主義などを思い浮かべてみれば、一九世紀世界との断絶の激しさをイメージしやすいだろう。もちろんアートに限ったことではない。政治、経済、学問の世界でも同様の事態が生じたのである。

本書がとりあげる断絶のコレクションは次の通り(カッコ内は章題)。「相対性」(世界のヘソが消えた)、「モダニズム」(割れた視点)、「戦争」(帝国の崩壊とテクノロジー)、「個人主義」(男も女も一人ひとりが一個の星)、「イド」(操られる無意識)、「不確定性」(生きていると同時に死んでいる猫)、「サイエンス・フィクション」(単一神話から複雑な物語へ)、「虚無主義」(生は絶望の向こう側で始まる)、「宇宙」(人類は月へ行き、地球を見つけた)、「セックス」(女性を解放しなかった性革命)、「ティーンエイジャー」(反逆者のジレンマ)、「カオス」(自然は予測不能で美しい)、「成長」(経済と環境がぶつかるとき)、「ポストモダン」(「知の底なし沼」から「確かさ戦争」へ)、「ネットワーク」(他者とつながる力の未来)。よくもまあ次から次へと、と呆れるばかりの難問難題である。

なかでも興味深いのが、ポストモダンに関する指摘である。一九七〇年代末から八〇年代にかけて一世を風靡したポストモダン思想だが、九〇年代には退潮しはじめ、一九九六年のソーカル事件によって止めを刺されたというのが定説である。実際、二一世紀の現在では、まともな思想の持ち主を自認する人びとからは蛇蝎のごとく嫌悪されている。だが、ポストモダンは学問の世界からは追放されたにせよ、学問以外の世界——宗教、精神世界、大衆文化——には依然として広がりつづけている。ポストモダンを恥ずかしい過ちとして忘れ去りたい人びとは多いだろうが、それが現代史にどれだけ広範な影響を及ぼしたか、そしてその余波が現在まで広がっていることを思えば、そう簡単に歴史の屑籠に放り込めるものでもなさそうである。

二〇世紀に提起された問題のどれひとつとして解決済みではない。多くはあまりにも困難で問題含みであるために、なんら克服されることなく我々を惑わせつづけているように思える。では、二一世紀はどうなるだろうか。本書の終章でとりあげられるのは、二〇世紀末以降に進展したネットワークのテクノロジーとカルチャーである。二一世紀の主役になるのはそこで育った若い世代であり、古い世代は彼らに道を譲るのがよいと著者は言う。実際、そうするしかないだろう。
この記事の中でご紹介した本
人類の意識を変えた20世紀 アインシュタインからスーパーマリオ、ポストモダンまで/インターシフト
人類の意識を変えた20世紀 アインシュタインからスーパーマリオ、ポストモダンまで
著 者:ジョン・ヒッグス
翻訳者:梶山 あゆみ
出版社:インターシフト
以下のオンライン書店でご購入できます
「人類の意識を変えた20世紀 アインシュタインからスーパーマリオ、ポストモダンまで」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
吉川 浩満 氏の関連記事
読書人紙面掲載 書評のその他の記事
読書人紙面掲載 書評をもっと見る >
社会・政治 > 社会全般関連記事
社会全般の関連記事をもっと見る >