日本近現代史講義-成功と失敗の歴史に学ぶ / 7611(中央公論新社)歴史を知りたい、学び直したい読者へ|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

著者から読者へ
更新日:2020年1月4日 / 新聞掲載日:2020年1月3日(第3321号)

歴史を知りたい、学び直したい読者へ

日本近現代史講義-成功と失敗の歴史に学ぶ
著 者:細谷 雄一、山内 昌之
出版社:中央公論新社
このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本が出てこない「世界史」と、世界が出てこない「日本史」――。中学や高校で私たちが受けてきた歴史教育には、日本史と世界史の断絶という大きな欠陥があり、学界では両者を融合した新しい歴史を模索する流れが強まっています。

本書は、日本史はもとより、さまざまな地域・分野を専門とする第一線の研究者一四名による入門講義です。瀧井一博「立憲革命としての明治維新」に始まり、日清・日露戦争、二度の世界大戦、戦後の日中・日韓関係、そして中西寛「ポスト平成に向けた歴史観の問題」まで。岡本隆司、奈良岡聰智、川島真、小林道彦、小谷賢、森山優、楠綾子、日暮吉延、木村幹、井上正也の各先生方という強力執筆陣は、編著者の山内昌之、細谷雄一両先生がこれぞと見込んだ研究者ばかり。学界の最新の知見が随所に盛り込まれています。

また本書は実際に行われた連続講義をもとにしているため、聞き手、さらには読者を意識した平易な記述となっています。それぞれのテーマについてさらに詳しく知るために、一般書を中心とする参考文献も推薦コメントとともに紹介しています。

歴史を知りたい、学び直したいという意欲的な読者に支えられ、本書は刊行から二か月あまりで四刷と、版を重ねています。特定の歴史観やイデオロギーに偏らず、自虐でも独善でもない、日本近現代史の基本が身につく一冊です。
(中公新書編集部)
この記事の中でご紹介した本
日本近現代史講義-成功と失敗の歴史に学ぶ/中央公論新社
日本近現代史講義-成功と失敗の歴史に学ぶ
著 者:細谷 雄一、山内 昌之
出版社:中央公論新社
「日本近現代史講義-成功と失敗の歴史に学ぶ」は以下からご購入できます
「日本近現代史講義-成功と失敗の歴史に学ぶ」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
山内 昌之 氏の関連記事
著者から読者へのその他の記事
著者から読者へをもっと見る >
歴史・地理 > 歴史学関連記事
歴史学の関連記事をもっと見る >