アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」 書評|中川 裕(集英社)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

わが社のロングセラー
更新日:2020年1月4日 / 新聞掲載日:2020年1月3日(第3321号)

アイヌ文化を知る最初の入り口として

アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」
著 者:中川 裕
出版社:集英社
このエントリーをはてなブックマークに追加
 本書は野田サトル氏による大人気漫画『ゴールデンカムイ』のアイヌ語監修を務める著者が、その名場面をふんだんに使いながらアイヌ文化のエッセンスを解説した入門書です。『ゴールデンカムイ』といえばマンガ大賞2016を獲得した大ヒット漫画にして、アイヌへの関心を高めるきっかけをつくった作品として有名です。著者はそんな『ゴールデンカムイ』を連載開始時から一貫して監修し、キャラクターの命名にまで関わってきた伴走者。誰よりも近くで作品を見守ってきた監修者ならではの視点から、野田氏の精緻な絵を巧みに引用しつつ、作品が踏まえているアイヌ文化や世界観からグルメに至るまで、幅広いテーマをわかりやすく説明していきます。

新書といえば学術性の高い難解な書籍がイメージされがちで、ましてやアイヌ文化の入門書ともなればハードルが高いという印象を受けるかもしれません。しかし本書は漫画の絵を豊富に使っていることで、イメージが湧いて読みやすいとの感想が多く届いております。また、原作の漫画を知らない方でも楽しめるように工夫して書かれているため、『ゴールデンカムイ』ファン以外の方にも幅広く入門書としてお読みいただいているようです。中には「この本で初めて『ゴールデンカムイ』に興味を持った」という嬉しい声もありました。

2020年4月24日には、北海道白老町にアイヌ文化復興・創造の拠点である国立アイヌ民族博物館が誕生する予定。アイヌに対する関心や注目がいっそう集まることでしょう。アイヌ文化に興味を抱かれた時の最初の入り口として、是非ともお手に取っていただきたい一冊です。
(集英社新書編集部)
この記事の中でご紹介した本
アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」/集英社
アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」
著 者:中川 裕
出版社:集英社
以下のオンライン書店でご購入できます
「アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
わが社のロングセラーのその他の記事
わが社のロングセラーをもっと見る >
文化・サブカル > 文化論関連記事
文化論の関連記事をもっと見る >