ヤマザキ マリ  『仕事にしばられない生き方』|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

出版メモ
更新日:2020年1月5日 / 新聞掲載日:2020年1月3日(第3321号)

ヤマザキ マリ  『仕事にしばられない生き方』

このエントリーをはてなブックマークに追加
 一般的な仕事術を学ぶ本ではない。ヴィオラ奏者の母に育てられた。やりたいことは存分にやればいい、ただ野たれ死ぬかもしれない、「その覚悟はあるのか」。常に「好きなことと、お金になること、この二つとどう向きあうか」考え続けてきた。初めてのバイトはチリ紙交換で、一日働いて五〇〇円だった。十七歳でイタリアへ。物乞いに謝られるぐらい極貧でも、だからこそ芸術に貪欲になれた。「頭の中で考えていたってダメで、身をもって経験した実感があることが大事」。若い人が読んで実感できることは少ないかもしれない。でも読んでほしい。いつかこの本が、助けになる日がくるかもしれないから。
この記事の中でご紹介した本
仕事にしばられない生き方/小学館
仕事にしばられない生き方
著 者:ヤマザキマリ
出版社:小学館
以下のオンライン書店でご購入できます
「仕事にしばられない生き方」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
出版メモのその他の記事
出版メモをもっと見る >
人生・生活 > 仕事・働く関連記事
仕事・働くの関連記事をもっと見る >