山縣良和文・絵 ぼくは0てん|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

出版メモ
更新日:2019年12月29日 / 新聞掲載日:2020年1月3日(第3321号)

山縣良和文・絵 ぼくは0てん

このエントリーをはてなブックマークに追加
ぼくは0てん(山縣 良和)朝日出版社
ぼくは0てん
山縣 良和
朝日出版社
  • オンライン書店で買う
 ファッションデザイナーの著者が自身の半生に重ねて描いた絵本。「ぼくだって、いつかは100てんをとりたいんだ」、だけどテストが苦手で「0てん」ばかりのいじめられっ子。ぼくはグレたしちょっぴりわるいこともしてみた。わるい点の仲間たちは、くしゃくしゃにまるめてゴミばこにすてられた。やっぱりクズはクズなのかな? 自分をやぶってみたりおり曲げてみたり、そうして0てんくんが、諦めずにみつけた「新しい自分のかたち」。年の初めに読みたい本。(A5変・四八頁・一六〇〇円・朝日出版社)
この記事の中でご紹介した本
ぼくは0てん/朝日出版社
ぼくは0てん
著 者:山縣 良和
出版社:朝日出版社
以下のオンライン書店でご購入できます
「ぼくは0てん」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
出版メモのその他の記事
出版メモをもっと見る >
文学 > 日本文学 > 児童文学関連記事
児童文学の関連記事をもっと見る >