【横尾 忠則】ジャ、ボクモ絵ヲ描コウ。今年はひしひしと忙しい年の予感|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

日常の向こう側ぼくの内側
更新日:2020年1月13日 / 新聞掲載日:2020年1月10日(第3322号)

ジャ、ボクモ絵ヲ描コウ。今年はひしひしと忙しい年の予感

このエントリーをはてなブックマークに追加
アトリエで。2019から2020へ、年をまたいで完成

2019.12.23
 9月入院、その後、通院しながら2ヶ月半ほど静養する。その間、都心に出ることはなかった。この休養が功を奏したのか、徐々に体力は戻ってきた。

今年最後のメンテナンスに国立東京医療センターへ。問診だけで検査なし。問題なし。

武松幸治さん来訪。神戸の美術館に新設するギャラリーの設計プランを持参。上手くいくと面白くなりそう。

テレビのリモコンのある個所を知らずにいじったのか、画面に字幕がデカデカ出るようになった。難聴には大いに助かる。
2019.12.24
だけど、そんな雰囲気は全くない。クリスチャンの長女は特別だろうけれど。

イッセイミヤケの来秋冬のパリコレのインビテーションカードの制作の打合せに前回から担当になったデザイナー、近藤悟史さんとシューさん、好物わらび餅を持って来訪。

冬至が過ぎて2日目だけれど、昼間の時間が延びた気がするが気のせいだろう。
2019.12.25
 〈最終電車デ、韓国文字ガ表記サレタ駅デ降リル。駅ヲ出ルト真暗闇。人ハ一人モイナイ。イルノハライオンガ何頭モノソノソト歩イテイル。野外動物園ノ中ニ入ッテシマッタラシイ〉

〈ドコカノオフィスデ、田原総一朗サントオ茶ヲ飲ミナガラ、無意識ニツイテ話シ合ッテイル。「絵ハ無意識ニナッテ描クトイイ絵ガ描ケマス」ト言ウト、田原サンハ、「ソンナコト、ドコニ書イテイマスカ?」ト。「ボクノ経験カラソー思ウノデス」ト答エル〉

〈昔行ッタ郷里ノオ好ミ焼屋ニ行コウト思ウガ、ナントナク恥ズカシイ。ソコニ平野啓一郎サンガヤッテキテ、「最近絵ヲ始メタ」ト言ウ。ジャ、ボクモ絵ヲ描コウト思ウ〉3本立ての夢を見る。

講談社の新井公之さんが「タマ帰っておいで」と題する画集の出版のツカ見本を持参。

福武財団の宇野惠信さん来訪。横尾忠則現代美術館と豊島横尾館の交換展の計画などについて話す。

夜、ヒッチコックの「リング」をテレビで観る。1927年の無声映画。とりとめもない物語。一体どんな終り方をするのだろう、と推理させるところがヒッチコックなのかなあ。
2019.12.26
 奈良の岡村印刷の宮内康弘さん、神戸の次回展「兵庫県立横尾救急病院」展のカタログの校正持参。

スカイザバスハウスの白石正美さん、来年の30周年展の出品依頼とオープニングの出席要請。
2019.12.27
 古本屋安藤書店にどっさり売る。5万5千円也。

イタリアの現代美術専門の出版社より、歯と口の絵を集めた本を計画しているので出品依頼あり。

中国のサンドゥ出版社からレコード、CD・アルバムデザイン集を出すので、データの依頼。
2019.12.28
 南天子画廊の青木康彦さん来訪。来年50周年の個展の依頼にパンとわらび餅持参。
2019.12.29
 運動不足のせいか駅前まで歩いてヘトヘト。90歳の老人になったみたい。

内閣府迎賓館から赤坂離宮で64年のオリンピックのピクトグラムの制作にかかわったので、挨拶の依頼。お断りします。
2019.12.30
 小雨。神戸屋で食事をしながら、『文學界』の小説14枚。
2019.12.31
 午前中から制作。年内に仕上げたかったが、年を越してしまう。

夕方、増田屋へ年越しそばを買いに。
2020.1.1
 今年は忙しい年の予感がひしひしとする。

元旦はお雑煮におとそ。昼は神戸屋で。『文學界』の小説少し書く。

夕方、依田彰さんが突然やってくる。
2020.1.2
 今年の初夢〈NYノロフト内デ数人ノ日本人ト話シテイル。窓際ノ大キイ木箱ノ上デ猫ガウルサク鳴キッパナシ。聞イテミルトクダラナイ話ヲシ過ギナノデ堪エラレナイ。モットクリエイティブナ話ガデキナイノカ? ト言ウ。クリエイティブナ話ニ切リ換エルト鳴キ止ム〉今年はクリエイティブな年にしよう。

昼、神戸屋へ。

アトリエから帰宅途中、空にギラリと一瞬大きい光体。正月早々いい兆候。
2020.1.3
 昼、神戸屋へ。年賀状の返事。
2020.1.4
 歯医者へ、違和感あり。午後、神戸屋で『文學界』計30枚。

深夜、テレビでアールブリュットの画家3人の紹介。釘づけになる。
2020.1.5
 午前中、アトリエへ。昼、今年初めて増田屋へ。文房具店、コンビニで買物。正午をはさんで1時間歩いた。動悸もふらつきもない。今日は70代の初老。

年賀状返事書く。

今年初めてのマッサージへ。(よこお・ただのり=美術家)
このエントリーをはてなブックマークに追加
横尾 忠則 氏の関連記事
日常の向こう側ぼくの内側のその他の記事
日常の向こう側ぼくの内側をもっと見る >
芸術・娯楽 > 美術 > 現代美術関連記事
現代美術の関連記事をもっと見る >