池袋シネマ・ロサ『Indies Film Show 新人監督特集vol.5 BOOKトーク』|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

催しもの
更新日:2020年1月10日

池袋シネマ・ロサ『Indies Film Show 新人監督特集vol.5 BOOKトーク』

このエントリーをはてなブックマークに追加
シネマ・ロサ恒例のイベント『Indies Film Show 新人監督特集』と連動し、「本と映画の素敵な関係をめぐるトークイベント」として始まったBOOKトーク。インディーズシーンに生まれてきた新人監督の作品とリンクする現代文学を中心とした本を紹介しつつ、表現の世界観を深めていくこの場ならではのレアなトークイベントです。各作品の監督と書評家の神田法子によるトークではそれぞれの作品を語りながら、四人の監督、さらには現代の映画シーンに共通するキーワードを探っていくのも本企画の狙いです。今回は「日常のなかの不条理」をテーマに考えていきます。
作品のラインナップは以下のとおりです。
1月19日(日)『ゴミのような』『ラウンドアバウト』佐藤睦美監督
1月28日(火)『おるすばんの味。』『明日かえるために、今日おきる。』『父、かえれ!』『チャーハン』武石昂大監督
2月4日(火)『名操縦士』『いっちょらい』『生きる、理屈』片山享監督
2月11日(火祝)『拾って捨てろ!』『やわらかい季節』小野峻志監督

※レイトショー(20時台)での上映となります。映画上映終了後トークを行います。
開始時間、チケット料金ほか詳細はシネマ・ロサ公式サイトにてご確認ください。
http://www.cinemarosa.net/lateshow.htm
このエントリーをはてなブックマークに追加
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
芸術・娯楽 > 映画関連記事
映画の関連記事をもっと見る >