私たちの時代・私たちの表現―いま、子どもたちに何を伝えるか―|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

催しもの
更新日:2020年1月17日 / 新聞掲載日:2020年1月17日(第3322号)

私たちの時代・私たちの表現―いま、子どもたちに何を伝えるか―

このエントリーをはてなブックマークに追加
2月1日(土)14時~16時、会場=出版クラブビル4階会議室(千代田区神田神保町1-32/地下鉄神保町駅A5出口徒歩2分)、参加費=1000円

登壇=小手鞠るい、古内一絵、森絵都(司会:野上暁)
【申し込み】〈フォーラム・子どもたちの未来のために〉ホームページか日本児童図書出版協会(kodomo@kodomo.gr.jp/☎03・6273・7484)へ。

この時代、作家は読者に向かって何を語りかけていったらいいのか? 私たちが受け止め取り組むべき「時代」と「表現」について、この国の歴史や社会に真摯に向き合って作品に取り組まれている3人の作家たちにお話を伺います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
教育・子ども > 教育一般関連記事
教育一般の関連記事をもっと見る >