グリゴーリー・ディーコフ作/ディム・レシコフ絵/相場妙訳 〈死に森〉の白い オオカミ|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

新刊
更新日:2020年1月25日 / 新聞掲載日:2020年1月24日(第3324号)

グリゴーリー・ディーコフ作/ディム・レシコフ絵/相場妙訳
〈死に森〉の白い オオカミ

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ロシアの深い森の奥、小さな村には、ある言い伝えがあった。「白いオオカミの魔物が住む向こう岸の森には、手を出してはいけない」。しかし、村人たちは土地を広げるために、その言い伝えを破り、森を焼き払ってしまう。襲ってくるようになったオオカミから村を守るため、少年は町へでかけ、流浪の傭兵は動き出し、長老はまじない女の元を訪ねる。

オオカミと村人たちの闘いを軸にしながら、長老が語る村の成り立ち、町へ出かけた少年が体験した出来事、傭兵が抱える秘密等、いくつものエピソードがからみ合う。やがて姿を現した白いオオカミの正体とは……。 ロシアの伝承や民話を下敷きに創作された、不思議でほんの少し怖いお話。冬の寒い日にどうぞ。
この記事の中でご紹介した本
〈死に森〉の白い オオカミ/徳間書店
〈死に森〉の白い オオカミ
著 者:グリゴーリー・ディーコフ
翻訳者:相場 妙
イラストレーター:ディム・レシコフ
出版社:徳間書店
「〈死に森〉の白い オオカミ」は以下からご購入できます
「〈死に森〉の白い オオカミ」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
新刊のその他の記事
新刊
塗中録
新刊をもっと見る >
文学 > 外国文学 > ロシア文学関連記事
ロシア文学の関連記事をもっと見る >