【横尾 忠則】絵は妙な覚悟のようなものがいる。描悟かな?|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

日常の向こう側ぼくの内側
更新日:2020年2月10日 / 新聞掲載日:2020年2月7日(第3326号)

絵は妙な覚悟のようなものがいる。描悟かな?

このエントリーをはてなブックマークに追加
「兵庫県立横尾救急病院」展のスタッフ

2020.1.27 
をつけると新型ウイルス肺炎拡大というザワッとする報道番組が今朝も飛び込んでくる。

昼は年に一度くらいしか食べないテイクアウトのハンバーガー。具が盛り沢山で、両手からはみ出してまともな美意識では食べられない。虫歯治療の歯が浮いた状態で歯ごたえがなく空を嚙んでいるようだ。去年、ぐらぐらの親知らずを1本抜くまではほとんど歯医者知らずだっただけに年は争えないと嘆きもする。

『文學界』の連載小説〈原郷の森〉9回のゲラ校正を清水さんに送る。
2020.1.28
イギリスの大英帝国博物館でのタントラ展で色々なグッズが作られるが、新たに版画をポスター化したいと言ってくる。

雨の中『月刊Hanada』の川島龍太さんが迎えに来てくれて、109シネマズ二子玉川で合流する花田紀凱さんと「男はつらいよ お帰り 寅さん」を観る。日本映画は字幕がでないので、難聴者には無声映画である。
2020.1.29
 春のような陽気。散歩がてらに神戸屋から、ぐるりと遠廻りして、〈原郷の森〉のモデルになっている神明の森の反対側からアトリエに戻る。

「ほぼ日」の菅野さんが糸井重里さん監修の「YOKOO LIFE」の糸井さんとの対談原稿持参。やゝムック風になるのかな?

咽喉がいがいがするので国立東京医療センターの鄭先生と角田先生に明後日からの神戸行きについて相談する。「絶対ダメです」と診断。コロナウイルスも怖いけれど、猛威をふるっているインフルエンザの方が喘息に怖いとおっしゃる。

中国で出版された自伝が出来たので持って行くと連絡あるが、タイミングが悪過ぎるので延期してもらう。
2020.1.30
 今日も天気良好。このまま春になれと祈る。

履けるジーンズが1本だけになってしまったのでジーンズメイトでリーバイスを2本購入。改装閉店記念セール中とラッキー。大したディスカウントでもないのになんでこんなことが嬉しいのだろう。

午後、朝日新聞の書評書く。

夜、マッサージ。眠っている間に終る。
2020.1.31
 本日、神戸の「兵庫県立横尾救急病院」展のオープニングにはいつもより出席者が多かったと。過去2回、オープニングに出席しなかった時も「いつもより多かった」そーだ。考えもんだなあ。浅田彰さんが出席されていて、「極めて面白い。2018~2019年の新・近作はどれもよい。とりわけ昨年の公開制作で描いた「耳のポートレート」は秀逸である。最近の公開制作のなかでも優れた作品ではないか」と館長補佐の山本学芸員からの報告。

新刊『病気のご利益』(ポプラ社)を優先して会場で販売したとか。出席者全員にマスク着装を指示したけれど、受け入れてくれたのかな?

オープニングは欠席したが、
雑用が多かったのを処理したり、原稿書いたり。

夜観た映画「ベイブ/都会へ行く」の動物映画の動物達の演技は驚嘆。こーいう映画にアカデミー賞を与えたいね。
2020.2.1 昨日は不眠気味で終日躰がだるかったが、今朝はよく眠ったせいか、また晴天なのでまあまあ。リュックを背負って歩くと逆に姿勢がいいので、元気になった気がする。これからの日記は、毎日体調の記述から始まるのだろうか。老齢者は皆そう? 聞いてみたい。

昼、神戸屋に行こうと思って神津善行さんに電話したまま眠る。電話が掛かってきて目が覚めて、あわてて行く。30分遅刻。

どこもマスクが売切れだと言ったら、アトリエに帰ったあと、神津さんがアジアを旅行中持っていったマスクを4種大量にいただく。

67年頃から、『ニューズウィーク』のトルウィットさんの消息不明だったが、今日ある人から、ケネディにまつわる政治的な問題に巻き込まれ、自殺されたことを知った。トルウィットさんはMoMAの個展時、『ニューズウィーク』のインタビューを受けた記憶がある。掲載誌は紛失。彼の紹介者は三島由紀夫さんだった。

元旦以来、毎晩お屠蘇の晩酌のクセがついた。83歳の手習いだ。

夜中に必ず一度トイレに行く。帰って来てベッドの中で必ずテレビを見る。一度目を完全に覚ますことで、再びシッテンバットーして眠る変なクセがついてしまった。
2020.2.2
 「202022」まるで暗号みたいだ。日曜日はほぼ毎週、増田屋。自宅→アトリエ→増田屋→アトリエ→自宅、計90分の散歩。

『月刊Hanada』10枚のエッセイ。絵よりエッセイの方が筆が運ぶのはエッセイは本職だと思ってないからかな? 何しろ絵は妙な覚悟のようなものがいる。何の覚悟かわからないが、描悟かな?

別府毎日マラソンで初マラソン3位(日本人1位)。(よこお・ただのり=美術家)
このエントリーをはてなブックマークに追加
横尾 忠則 氏の関連記事
日常の向こう側ぼくの内側のその他の記事
日常の向こう側ぼくの内側をもっと見る >
芸術・娯楽 > 美術 > 現代美術関連記事
現代美術の関連記事をもっと見る >