狐火の辻 書評|竹本 健治(KADOKAWA)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 書評
更新日:2020年3月7日 / 新聞掲載日:2020年3月6日(第3330号)

狐火の辻 書評
竹本 健治著
狐火の辻

狐火の辻
著 者:竹本 健治
出版社:KADOKAWA
このエントリーをはてなブックマークに追加
狐火の辻(竹本 健治)KADOKAWA
狐火の辻
竹本 健治
KADOKAWA
  • オンライン書店で買う
 どこかで聞いたことのある、タクシーにまつわる怪談。尾行する男を尾行する男の話。湯けむりの温泉では怪しい噂話に華が咲き、学生を中心に広まる黒いマントの怪人の存在……。不思議な話が囁かれる街の郊外で、今度は自動車事故が発生した。その事故ではなんと、轢かれたはずの被害者が煙のように姿を消していたのである。不審に思った刑事の楢津木が調べを進めると、小さな話たちは、奇妙な繋がりを見せ始めた。

『涙香迷宮』にも登場する天才棋士・牧場智久の頭脳を借り、楢津木含めた刑事たちは、バラバラに見える謎を紐解いていく。やがて、彼らの前に浮かび上がってきたのは、土砂降りの雨のなかで、湯河原の温泉街でそれぞれ起きた、二つの未解決轢き逃げ事件だった。

章題通り、「何が」「何を」「何で」「何故」「何のために」と、段階を踏んで見えてくる真相。点と点が線を結ぶ、謎解きの醍醐味をどうぞ。
この記事の中でご紹介した本
狐火の辻/KADOKAWA
狐火の辻
著 者:竹本 健治
出版社:KADOKAWA
「狐火の辻」は以下からご購入できます
「狐火の辻」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
読書人紙面掲載 書評のその他の記事
読書人紙面掲載 書評をもっと見る >
文学 > 日本文学 > ミステリー関連記事
ミステリーの関連記事をもっと見る >