対談=中島隆博×納富信留 「世界哲学」、違和感からの再始動 『世界哲学史 全8巻』(筑摩書房)刊行開始‼|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2020年3月6日 / 新聞掲載日:2020年3月6日(第3330号)

対談=中島隆博×納富信留
「世界哲学」、違和感からの再始動
『世界哲学史 全8巻』(筑摩書房)刊行開始‼

このエントリーをはてなブックマークに追加
第3回
人間とは何かを問う新たな物語の必要性

納富 信留氏
納富 
 このところ世界史や人類史など、大きな視野で、人間の歴史を捉えるような物語が、求められている印象があります。
中島 
 そうですね。ユヴァル・ノア・ハラリの『ホモ・デウス』や『サピエンス全史』がベストセラーになったりするのも、その流れでしょうね。
納富 
 日本では出口治明さんが『哲学と宗教全史』や、『人類5000年史』『全世界史』というような本を精力的に出されている。

環境問題、テロや移民問題、アメリカとイランや中国、北朝鮮との対立など、終末時計が刻々と針を進める現状の中で、そうした世界に対する俯瞰的な視野が求められているのではないかと感じています。

しかし我々研究者は、専門分野を詳細に語っても、網羅的な臆説の混じる可能性のある話はなかなかできなかった。梅原猛さんのようなお仕事を皆ができるわけではなかった。その点我々は反省しなければいけなくて、梅原さんや中村元さんのようなことができないとしても、個々の専門に閉じこもるのではなく、それぞれの視野を少しずつ広げて、知の世界を活性化させる、そうした試みをするべきでした。
中島 
 八〇~九〇年代には、「大きな物語」が終わったといわれました。「大きな物語」とはフランスの哲学者ジャン=フランソワ・リオタールが、ポストモダン論で提示した概念です。近代社会は進歩思想を中心に世界観や人間観を構築・維持しようとしましたが、その終焉が一九八九年のベルリンの壁崩壊で決定的になり、「大きな物語」は杜撰だったのではないか、と批判を受けることになりました。

その後、「大きな物語」ではダメだから、細分化された個別の概念をそれぞれ大事に、厳密に語っていこう、ということになります。ところが、今度はその方向に振れ過ぎると、極端な相対主義に陥り、それぞれの特殊な領域の枠内でしか通用しないものになってしまった。自分がどこに立っているのかもみえにくくなります。

そこで二十一世紀になって、あらためて物語を考え直さなければいけない、ということになったのだろうと思うんです。

ただし、そのときに、以前の「大きな物語」とは語り方を変えるべきだと考えられました。歴史学では、いままで主体が英雄的な人間や覇権的な国家だったのを、そうではない周辺部や横断的な交通に焦点をあてて物語を編み直しましたし、文学では、近代ヨーロッパ文学の周縁で展開したハイブリッドな文学を組み込んで、語り直す試みが出てきました。

しかし哲学はというと、そうした物語の語り直しをしてこなかった。哲学が概念に関わる学問であるとすれば、この怠惰は由々しき問題です。人は概念を手がかりに生きていくことがありますし、それを手がかりにして未来を作ったりもするのですから、概念の語り直しは決してなおざりにはできません。

私たちの生きる現実社会は、いま急激に変化しています。テクノロジーが根底から社会の条件を変え、AIの発展で「人間とは何か」という問いに、私たちは再び直面しています。もはや十九世紀的なヒューマニズムでは、人間を語り切れません。それに何がどう応えていくのかという際に、哲学の責任は大きいと思いますね。
1 2 4 5 6
この記事の中でご紹介した本
世界哲学史1 ── 古代I 知恵から愛知へ/筑摩書房
世界哲学史1 ── 古代I 知恵から愛知へ
編集者:中島 隆博、納富 信留、山内 志朗
出版社:筑摩書房
「世界哲学史1 ── 古代I 知恵から愛知へ」は以下からご購入できます
世界哲学史2 ── 古代Ⅱ 世界哲学の成立と展開/筑摩書房
世界哲学史2 ── 古代Ⅱ 世界哲学の成立と展開
編集者:中島 隆博、納富 信留、山内 志朗
出版社:筑摩書房
「世界哲学史2 ── 古代Ⅱ 世界哲学の成立と展開」は以下からご購入できます
世界哲学史3──中世Ⅰ 超越と普遍に向けて/筑摩書房
世界哲学史3──中世Ⅰ 超越と普遍に向けて
著 者:中島 隆博、納富 信留、山内 志朗
出版社:筑摩書房
「世界哲学史3──中世Ⅰ 超越と普遍に向けて」は以下からご購入できます
「世界哲学史3──中世Ⅰ 超越と普遍に向けて」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
中島 隆博 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
学問・人文 > 哲学・思想関連記事
哲学・思想の関連記事をもっと見る >