第六回新潮ミステリー大賞|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

受賞
更新日:2020年3月6日 / 新聞掲載日:2020年3月6日(第3330号)

第六回新潮ミステリー大賞

このエントリーをはてなブックマークに追加
村木 美涼氏
二月三日、都内にて第六回新潮ミステリー大賞の授賞式(新潮社主催、東映株式会社後援)が行われ、村木美涼氏の『箱とキツネと、パイナップル』が優秀賞に決定した。選考委員の一人である貴志祐介氏は、次のように講評した。

「候補作となった四作品とも力作で、選考会では激論が交わされました。その中でも受賞作は非常にリーダビリティがあり、読んでいる間ずっと楽しむことができる作品です。残念ながら大賞とはなりませんでしたが、村木さんは今後、即戦力となる方だと確信しています」。

村木氏は、受賞者挨拶で「今はまだ、受賞できたことをしっかり把握できていません」と驚きながら、以下のように想いを語った。

「書きたい、と強く念じて書いた作品が受賞できたことは本当に嬉しいです。せっかく書く場をいただけたので、これからも新しい作品を書いていきたいと思っています」。
このエントリーをはてなブックマークに追加
村木 美涼 氏の関連記事
受賞のその他の記事
受賞をもっと見る >
文学 > 日本文学 > ミステリー関連記事
ミステリーの関連記事をもっと見る >