二〇二〇年二月二二日(土)〜四月五日(日)(原爆の図 丸木美術館) 「砂守勝巳黙示する風景」 主催:原爆の図 丸木美術館、企画協力:椹木野衣、砂守勝巳写真事務所|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2020年3月6日 / 新聞掲載日:2020年3月6日(第3330号)

二〇二〇年二月二二日(土)〜四月五日(日)(原爆の図 丸木美術館)
「砂守勝巳黙示する風景」
主催:原爆の図 丸木美術館、企画協力:椹木野衣、砂守勝巳写真事務所

このエントリーをはてなブックマークに追加
第4回
「黙示する風景」  釜ヶ崎から沖縄、雲仙へ


今回の展示の核となった「雲仙」のシリーズだが、砂守勝巳の作品の中で一番読み解きが難しいものだという。なぜ最後に島原・雲仙に焦点を結ぼうとしたのか――。トークの最後に椹木氏は、「ある意味、島原半島という所に、砂守勝巳の広島や釜ヶ崎、故郷の奄美大島やフィリピンの父への気持ちというのが歴史的に凝縮されているところがある。また、島原市などの被災地は災害遺構をたくさん残していてほとんどのところは嵩上げして復興しているが、その技術が震災後、三陸地方の嵩上げに転用されたということも知って、これが災害の世紀と言われる平成の一つの大きなとば口になっていることを確認した。砂守勝巳という写真家は、どうしても劇的な物語性が強くてそれに引っ張られるが、しかしそういうわかりやすい物語性の背後に蠢いて一貫して変わらないものがある。砂守勝巳を考えるときに、そこを捉えるのが重要なのではないか」と締めくくった。(おわり)

※椹木野衣氏による「砂守勝巳論」は『ウェブ版 ARTiT』掲載中、全三回。(https://www.art-it.asia/top/contributertop/207802)

※三月三一日(火)~四月一三日(月)まで、石川直樹氏監修による「砂守勝巳写真展CONTACT ZONE」がTHE GALLERY新宿(その後大阪)で開催予定。
1 2 3
このエントリーをはてなブックマークに追加
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
芸術・娯楽 > 写真関連記事
写真の関連記事をもっと見る >