橋爪大三郎氏/内田樹氏 インタビュー 69年5月、駒場900番教室の記憶 映画『三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実』公開を機に|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2020年3月13日 / 新聞掲載日:2020年3月13日(第3331号)

橋爪大三郎氏/内田樹氏 インタビュー
69年5月、駒場900番教室の記憶
映画『三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実』公開を機に

このエントリーをはてなブックマークに追加
 作家・三島由紀夫が没して今年で五〇年。割腹という衝撃的な自決を遂げる一年半前の一九六九年五月一三日午後二時五分、三島の姿は東京大学駒場キャンパス九〇〇番教室にあった。「三島を論破して立ち往生させ、舞台上で切腹させる」、と盛り上がる東大全共闘の学生たちが主催の討論会に参加するためである。主義も思想も正反対である三島と東大全共闘は、いったいどのような言葉を交わしたのか。その全貌を収録したドキュメンタリー映画『三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実』(配給GAGA)が、三月二〇日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか、全国公開される。

映画の公開を記念して、当時、実際に討論会の場にいた社会学者・橋爪大三郎氏と、討論会の一年後に東大に入学した思想家・内田樹氏のお二人にお話を伺った。なお、お二人は映画にも出演している。 (編集部)
第1回
時代とともに存在する感覚

壇上に立つ三島由紀夫と当時の900番教室の様子

――橋爪さんは、一九六〇年代頃をどのように感じ、過ごしていたのでしょうか。
橋爪 
 当時の学生たちは、時代と共に自分らが存在している感覚があったと思います。

私は一九四八年の戦後生まれ。あたりにはまだどこか戦争の気配が漂い、混乱や貧しさもありふれていた。小学校に行くと、いやに人数が多いわけです。一学年上からベビーブームで、クラスが倍くらいになっている。子どもでも、これは大変だと気がつく。同級生には、ふつうの子もいたけれど、めったに風呂に入らないような子もいた。一人ひとり背負っているものがバラバラで、とても多様だった。

そんな社会で育った若者には、マルクス主義はとてもわかりやすかった。マルクス主義は、こんな社会は間違いだと言います。「労働者と資本家の、階級闘争が社会の本質である。そのせいで、みんなひどい目にあっている。こんな間違った社会を、よりよく作り変えよう。」そう主張します。理屈は通っているし、自分の感覚とも合っている。じゃあ、正しい。そう感じた学生が多くて、左翼になるんですね。いまの若い人びとが大学に入ると、今しかできないことをしよう、と考えるのと同じです。

私が入学した当時、セクトがたくさんありました。六○年安保の共産主義者同盟の流れを汲むものなど、路線の違いでいがみ合う新左翼の各党派です。だいたい主張は似たようなものなのに、すごく仲が悪いんですね。そんなことだから、革命がうまく行かない。それなら、どのセクトにも入らない、と考える人がだんだん増えていきました。それに、すんなり就職して体制の一員になるのもどうか。チャンスがあったら、何か行動を起こそう。そんな下地がある中で、医学部の無給医局員の問題を発端に、東大闘争が始まったんですね。全共闘は、その途中でつくられた組織です。その内実は、学内闘争を担う任意団体なんですね。
2 3 4 5 6
このエントリーをはてなブックマークに追加
橋爪 大三郎 氏の関連記事
内田 樹 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
歴史・地理 > 日本史 > 昭和史関連記事
昭和史の関連記事をもっと見る >