佐々涼子インタビュー  生きるということ、幸せの拠り所  『エンド・オブ・ライフ』(集英社インターナショナル)刊行を機に|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2020年3月21日 / 新聞掲載日:2020年3月20日(第3332号)

佐々涼子インタビュー
生きるということ、幸せの拠り所
『エンド・オブ・ライフ』(集英社インターナショナル)刊行を機に

このエントリーをはてなブックマークに追加
第4回
生きてきたようにしか死ねない

佐々 涼子氏
――本書のほとんどが心打たれる話ですが、中に、「妻も子も養えない。生きていても痛みで何もできない」と、死に取りつかれてしまった方の話がありました。辛い話ですがこの方のエピソードを読んで、「生きる意味」とは何か、考えました。

比べることではないですが、佐々さんのお母様は「閉じ込め症候群」と呼ばれる状態で、ご自分で体を動かすことも、意思を伝えることもできない、身体的にはこの方より重篤だったかもしれません。でもお父様の「どんな姿でも生きていて欲しい」という願いと、献身的な介護を受け取って、生きることで「愛」――といっていいでしょうか――を返しておられたのではないかと。
佐々 
 「生きる意味」って、何でしょうね。ステータスとか社会的役割みたいなものとは、きっと別の何かがあるのだとは思うのですが。

父も母も、私が出会った患者さんたちも、自分のことをとても大切にするんです。環境や病の状態や自分自身について、不甲斐なさや苦痛を感じることはもちろんあったでしょうが、それでも自分のことを傷つけない。自分の身体や心、自分ののぞみ、何かを大切に思う気持ちをなおざりにしないんです。

私は自分に対する期待が高くて、要求に応えられない自分を責め、傷つけていたようなところがありました。でも自分を大切に扱う人のそばにいると、私も自分を大切にしなければ、と思うものなんですね。シンプルで大切なことを教えてもらったと思います。

――森山さんが西洋医学の知識から、ご自身のすい臓がんに治療の手立てがないことが分かっても、これまでの看護師としての姿勢とは裏腹に、「僕は生きることをあきらめない」といいました。その姿を、看護師の役割を脱いだと佐々さんは感じておられます。

佐々さんが仕事人としての迷いにあったときに、役割を脱ぎ、生きるとは何か模索していた人がいることを、どう感じておられたでしょうか。
佐々 
 先日、釜石の桑畑書店でトークイベントをさせてもらいました。私の本を読んでくださった方が、『エンジェルフライト』にも『エンド・オブ・ライフ』でも、「人は生きてきたようにしか死ねない」と書いていた、と指摘してくださいました。

社会と折り合うために、自分はこうでなければならないとか、ライターはこうあるべきだと縛られて、本来の自分とは別の虚像を作っていたところが、私にはあったと思います。それが森山さんに呼び戻されて執筆していく中で、素の自分に戻り、またノンフィクションライターに戻っていく過程が、重なりあっていた気がするんです。

体調を壊して書けなくなったとき、私は悟りを開き仏教者になろうと、世界各地のスピリチュアルコミュニティに出かけて行ったのですが(笑)、宗教は私の性に合わなかったみたい。仕事柄もあるのか、つい現実的に考えてしまって、ある日、私がいるべきなのはここではないと気づいてしまったんですよね。

だから日本に帰ってきたときには、本当は準備ができていたのだと思います。書きながら私が素に戻っていくのと、森山さんが森山さんらしいところに戻っていくのとが、重なっていたようにも思います。森山さんが仕事の現場に、そして私自身に、戻してくれました。

――『エンジェルフライト』の中で弟さんの死について読んだときに、佐々さんは死と愛を隣り合わせに書いておられる、と気づきました。
佐々 
 意識はしていなかったですが、人を思う気持ちがあって、死というものを書いているところはあると思います。人を思う気持ちというのか、死という局面に表れてくる思いに惹かれるんですよね。それが私の中の救いにもなっているし、テーマでもあるのでしょう。なんてもっともらしく語ると、エセ宗教者みたいですが(笑)。
1 2 3 5 6
この記事の中でご紹介した本
エンド・オブ・ライフ/集英社インターナショナル
エンド・オブ・ライフ
著 者:佐々 涼子
出版社:集英社インターナショナル
「エンド・オブ・ライフ」は以下からご購入できます
「エンド・オブ・ライフ」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
文学 > 日本文学 > ノンフィクション関連記事
ノンフィクションの関連記事をもっと見る >