第一六二回令和元年下半期芥川龍之介賞  「芥川賞について話をしよう」第十七弾  対談=小谷野敦*倉本さおり|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2020年3月22日 / 新聞掲載日:2020年3月20日(第3332号)

第一六二回令和元年下半期芥川龍之介賞
「芥川賞について話をしよう」第十七弾
対談=小谷野敦*倉本さおり

このエントリーをはてなブックマークに追加
第一六二回芥川賞は、古川真人『背高泡立草』が四度目の候補にして受賞となった。ほかの候補作は、木村友祐『幼な子の聖戦』(初候補)、髙尾長良『音に聞く』(候補三回目)、千葉雅也『デッドライン』(初候補)、乗代雄介『最高の任務』(初候補)の四作品だった。前回に続き、小谷野敦氏と倉本さおり氏による第十七弾「芥川賞について話をしよう」をお届けする。      (編集部)
第1回
「禅問答」の解釈/思考のスピード
■ 千葉雅也『デッドライン』(新潮社)

デッドライン(千葉 雅也)新潮社
デッドライン
千葉 雅也
新潮社
  • オンライン書店で買う
小谷野 
 では千葉雅也『デッドライン』からいきましょうか。千葉君は先に野間文芸新人賞を獲っていて、野間新と芥川賞を同じ作品で獲るというのは前例がない。そこで規制がかかっていると思うので、もし野間新を獲っていなかったら芥川賞を獲ったかもしれないと私は思っています。千葉君の小説は私小説という点では私的には評価していいはずなのですが、一番の問題はポストモダンね。小説の中で主人公のゼミの教授が禅問答をしていて、そもそも大学でそんな禅問答をやっていていいのか。ポモがインチキだというのを暴露していることになる。たぶん作者本人にはその意識はなくて禅問答でいいと思っているのだと思うのですが、そこのところがどういう処理になっているのか。
倉本 
 すごいツッコミ方ですね……。千葉さんの小説は、先述の禅問答の中で、大学院生の主人公が自らのアイデンティティと置かれたシチュエーションを照らし合わせながら小説が進行していく。その過程が哲学講義のようだと評していた方もいますが、私はどちらかというと、語り手の思考のスピードみたいなものを常に意識させられる仕掛けというか、もっと語り手個人の身体と密接に結びついている印象を受けたんです。単に私が哲学に明るくないせいかもしれませんが、私小説的な作品としても面白く読めるし、純粋にその禅問答が読者として楽しかった。
小谷野 敦氏
小谷野 
 この小説はゲイの話でハッテン場などにも行っていますが、ステディは出てこない。その代わりガールフレンドがいるみたいな、ちょっと不思議な構成でした。
倉本 
 ある種のステディともいえなくもない、でも恋愛関係ではない男性の「K」という人物が出てくる。同級生の女子も具体的にどうこうというわけではない。そうした従来のカテゴライズから外れた関係性はこの小説の肝でもあり面白く読んでいたのですが、「デッドライン」という表題の解釈が腑に落ちなくて……思いきり推しきれないところがありました。
小谷野 
 全体として何の意味かということですね。
倉本 
 修士論文が出せなくて締め切りが迫ってくる。締め切り=デッドライン、死線なのですが、ドゥルーズの逃走線の話からデッドラインへといたる軌跡みたいなものが物語を読む自分の中でうまく消化できなかったんです。
小谷野 
 小説の中で一箇所、語り手が彼女になったところがありました。
倉本 
 いわゆる移人称、人称が前触れなく移る部分ですよね。読んだ瞬間は確かに違和感があったのですが、そこまでに引用されている「魚の楽しみ」という、自己と他者の二項対立の関係を疑う荘子の故事の一節と過不足のない力加減で響きあっていると思い直し、好意的に受け取りました。
小谷野 
 私はその移人称というのがそんなに面白いものではないと思っていて。ただ千葉君の場合、気になるのはこの後書けるかどうか。古市憲寿みたいにフィクションものをズンズン書いちゃうような、あれは凄いと思うんです。
倉本 
 古市さんの最新作「奈落」はディスコミュニケーションという、これまで彼が書いてきた作品と共通したテーマながら、自分とまったく無関係な立場の主人公を据えたフィクションでしたね。
小谷野 
 私はタバコをやめたらフィクションが書けなくなっちゃったんです。タバコによってフィクションの妄想を掻き立てていたのが、今は禁断症状で事実しか書けなくなってしまった。これは回復しないかもしれない。これで私はフィクション書きが終わりになるかもしれません。
倉本 
 でも代替する何かが生じてくるような気がします(笑)。
2 3 4 5
この記事の中でご紹介した本
幼な子の聖戦/集英社
幼な子の聖戦
著 者:木村 友祐
出版社:集英社
「幼な子の聖戦」は以下からご購入できます
最高の任務/講談社
最高の任務
著 者:乗代 雄介
出版社:講談社
「最高の任務」は以下からご購入できます
デッドライン/新潮社
デッドライン
著 者:千葉 雅也
出版社:新潮社
「デッドライン」は以下からご購入できます
音に聞く/ 文藝春秋
音に聞く
著 者:髙尾 長良
出版社: 文藝春秋
「音に聞く」は以下からご購入できます
背高泡立草/集英社
背高泡立草
著 者:古川 真人
出版社:集英社
「背高泡立草」は以下からご購入できます
「背高泡立草」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
小谷野 敦 氏の関連記事
倉本 さおり 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
学問・人文 > 評論・文学研究 > 日本文学研究関連記事
日本文学研究の関連記事をもっと見る >